スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

令和元年度「体力・運動能力調査」(4)幼児期の外遊びと小学生の運動・体力 スポーツ庁

スポーツ庁「令和元年度 体力・運動能力調査」の結果を4回にわたって紹介している。最終回の今回は、「幼児期の外遊びと小学生の運動習慣・体力」と「スポーツのその他の多面的な価値」の結果を取り上げる。

スポーツ庁令和元年度「体力・運動能力調査」(4)幼児期の外遊びと小学生の運動・体力

スポーツ庁令和元年度「体力・運動能力調査」

幼児期の外遊びと小学生の運動習慣・体力

幼児期に外遊びをよくしていた小学生は、日常的に運動し、体力も高い。

入学前の外遊びの実施状況と、現在(10歳〈小学5年生〉)の運動・スポーツ実施状況との関係をみると、男女ともに入学前の外遊びの実施頻度が高いほど、現在の運動・スポーツ実施頻度の高い者の割合が多いことがうかがわれる。

入学前の外遊びの実施状況別にみた10歳の新体力テストの合計点は、男女ともに、入学前に外遊びをしていた頻度が高い群ほど高く、入学前に週6日以上外遊びをしていた群と週1日以下の群とでは、男子は5点、女子は2点程度の差が存在する。

これらより、幼児期に外で体を動かして遊ぶ習慣を身につけることが、小学校入学後の運動習慣の基礎を培い、体力の向上につながる要因の一つになっていると考えられ、幼児期の外遊びは非常に重要である。なお、この傾向は6~11歳のすべての年齢において確認できる。

図1 入学前の外遊びの実施状況別に見た現在の運動・スポ-ツ実施状況(10歳)

入学前の外遊びの実施状況別に見た現在の運動・スポ-ツ実施状況(10歳・男子)
入学前の外遊びの実施状況別に見た現在の運動・スポ-ツ実施状況(10歳・女子)

図2 入学前の外遊びの実施状況別新体力テスト合計点(10歳)

入学前の外遊びの実施状況別新体力テスト合計点(10歳・男子)
入学前の外遊びの実施状況別新体力テスト合計点(10歳・女子)

スポーツのその他の多面的な価値

達成意欲と運動習慣・体力

日常的に運動・スポーツを実施している青少年期の子供の多くは、なんでも最後までやりとげたいと思っている。

青少年期の子供(15歳、18歳)の「達成意欲(なんでも最後までやりとげたいと思う)」の回答状況と体力合計点の関係をみると、男女ともに達成意欲を強くもつ者ほど体力合計点が高い。

図3 「達成意欲(なんでも最後までやりとげたいと思う)」回答別新体力テスト合計点

「達成意欲(なんでも最後までやりとげたいと思う)」回答別新体力テスト合計点-男子(15歳)
「達成意欲(なんでも最後までやりとげたいと思う)」回答別新体力テスト合計点-女子(15歳)
「達成意欲(なんでも最後までやりとげたいと思う)」回答別新体力テスト合計点-男子(18歳)
「達成意欲(なんでも最後までやりとげたいと思う)」回答別新体力テスト合計点-女子(18歳)

図4 運動実施状況別意欲達成についての割合

運動実施状況別意欲達成についての割合(男子)
運動実施状況別意欲達成についての割合(女子)

運動・スポーツのストレス解消効果の認識と運動習慣

日常的に運動している成人および高齢者の多くは、運動・スポーツのストレス解消効果を感じている。運動・スポーツのストレス解消効果について「大いに感じる」と答えた者の割合をみると、日常的に運動・スポーツを実施している者は実施しない者に比べて、ストレス解消効果を感じている者の割合が多い。

ただし、成人および高齢者の多くは,運動・スポーツのストレス解消効果を感じているが、年代によっては意識と行動に差がみられる。ストレス解消効果について「大いに感じる」または「まあ感じる」と回答した者の割合をみると、男女・年代を問わず90~97%に達し、たいへん高い。しかし、運動・スポーツの実施状況が「週1日以上」と答えた者の割合は、男子の30~54歳、女子の20~49歳の年代で50%を下回る。運動の効果に対する意識と実際の行動との間には年齢や男女によって差が存在する。

図5 運動・スポーツ実施状況別 運動・スポーツのストレス解消効果について「大いに感じる」と答えた者の割合

運動・スポーツ実施状況別 運動・スポーツのストレス解消効果について「大いに感じる」と答えた者の割合-男子
運動・スポーツ実施状況別 運動・スポーツのストレス解消効果について「大いに感じる」と答えた者の割合-女子

図6 運動・スポーツのストレス解消効果について「大いに感じる」「まあ感じる」と答えた者の割合、運動・スポーツ実施状況が「週1日以上」と答えた者の割合

運動・スポーツのストレス解消効果について「大いに感じる」「まあ感じる」と答えた者の割合、運動・スポーツ実施状況が「週1日以上」と答えた者の割合-男子
運動・スポーツのストレス解消効果について「大いに感じる」「まあ感じる」と答えた者の割合、運動・スポーツ実施状況が「週1日以上」と答えた者の割合-女子

生活の充実度と運動習慣の関係

日常的に運動している成人および高齢者は、生活が充実していると感じる割合が多い。

現在の運動・スポーツ実施状況別に、毎日の生活が「充実している」と答えた者の割合を年齢区分ごとにみると、週1日以上運動・スポーツを実施している群は週1日未満の群に比べ、毎日の生活が「充実している」と回答している者の割合が男女ともにすべての年代において、5ポイント以上上回っている。これにより、日常の運動習慣と生活の充実度が密接に関連していることがうかがわれる。

また、高齢者の運動習慣、歩行能力および生活の充実度には関連性がある。

生活の充実度と歩行能力の関連性をみると、男女とも生活の充実度に関して「充実している」、「まあ充実している」と答えた者は、6分間歩行の距離が長い。これにより、運動・スポーツを日常的に実施することは、長い時間を速く歩くことができることに代表されるような全身持久力に影響を及ぼし、そのような体力の高さが生活の充実に結びついている可能性があることがうかがわれる。

図7 運動・スポーツ実施状況別 毎日の生活が「充実している」と答えた者の割合

運動・スポーツ実施状況別 毎日の生活が「充実している」と答えた者の割合-男子
運動・スポーツ実施状況別 毎日の生活が「充実している」と答えた者の割合-女子

図7 「生活の充実度」別 6分間歩行距離

「生活の充実度」別 6分間歩行距離-男子
「生活の充実度」別 6分間歩行距離-女子
すべての図の出典は、スポーツ庁

スポーツ庁令和元年度「体力・運動能力調査」

関連情報

令和元年度体力・運動能力調査の結果について(スポーツ庁)

この記事のURLとタイトルをコピーする

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

セミナー・イベント情報
このページのトップへ