スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

リポビタンショット for Sportsを体験しよう!
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

小学生男子の体力が過去最低 スポーツ庁「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(1)

スポーツ庁はこのほど、令和元年度の「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」の結果を公表した。小・中学生の男子・女子ともに前年度より体力が低下し、特に男子の低下が大きく、小学生男子に関しては過去最低を記録した。背景因子として、ゲームやスマートフォンなどの利用時間を示す「スクリーンタイム」が長くなると体力が低くなる傾向がみられるという。2回に分けて紹介する。

小学生男子の体力が過去最低 スポーツ庁「全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(1)

調査の目的と方法

この調査は、子どもの体力の状況を把握・分析し体力向上につなげること、および運動習慣や生活習慣等を把握し学校における体育・健康等の指導・改善に役立てることを目的に、平成20年度(2008年度)から毎年行われている。調査対象は、小学5年生と中学2年生の全員。実技と質問紙による調査がある。

実技に関しては、小学5年生は握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、20mシャトルラン、50m走、立ち幅とび、ソフトボール投げを評価し、中学2年生は握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、持久走(男子1,500m、女子1,000m)または20mシャトルラン、50m走、立ち幅とび、ハンドボール投げを評価する。

令和元年度調査の調査対象数は小学5年生が108万9,438人で調査実施者は105万1,617人(実施率96.5%)、中学2年生はそれぞれ106万7,071人、96万3,247人(同90.3%)。

体力の変化

体力合計点の変化:小・中学生の男子・女子すべて、前年度より低下

実技テストは前述の各項目を10点満点とし、合計80点満点で評価。

令和元年度の点数は、小学5年生(以下、小学生と省略)男子が53.6点。これは前年度の54.2点より低いだけでなく、調査が開始された平成20年度以降で最低点だった。

小学生女子は55.6点、中学2年生(以下、中学生と省略)の男子は41.6点、中学生女子は50.0点で、いずれも前年度より低下した。

体力合計点の状況

体力合計点の状況

(出典:スポーツ庁)

スポーツ庁では、このように体力合計点が低下した背景として、学校での授業以外の運動時間の減少、スクリーンタイム(1日あたりのテレビ、スマートフォン、ゲーム機等の視聴時間)の増加、肥満児童・生徒の増加、朝食を食べない児童(小学生)の増加を挙げている。

実技テストの細項目別にみた変化:20mシャトルラン、持久走、50m走が大きく低下

各実技テストの結果は以下のとおり(括弧内はこれまでの調査における最高記録)。全体的に低下しており、とくに20mシャトルラン、持久走、50m走が大きく低下した。

種 目 小学生
男子
小学生
女子
中学生
男子
中学生
女子
握 力 16.4kg
(17.0kg)
16.1kg
(16.4kg)
28.6kg
(30.0kg)
23.7kg
(24.2kg)
上体起こし 19.8回
(19.9回)
18.9回
(19.0回)
26.9回
(27.5回)
23.6回
(23.8回)
長座体前屈 37.6cm
(同)
33.2cm
(33.3cm)
46.3cm
(同)
43.4cm
(同)
反復横跳び 41.7点
(42.1点)
40.1点
(40.3点)
51.9点
(52.2点)
77.3点
(同)
20mシャトルラン 50.3回
(52.2回)
40.8回
(41.9回)
83.1回
(85.9回)
58.0回
(59.5回)
持久走 1,500m
400.0秒
(392.3秒)
1,000m
290.6秒
(287.5秒)
50m走 9.42秒
(9.36秒)
9.63秒
(9.60秒)
8.02秒
(7.99秒)
8.81秒
(8.78秒)
立ち幅とび 151.5cm
(154.0cm)
145.7cm
(146.0cm)
195.0cm
(195.6cm)
169.7cm
(170.1cm)
ソフトボール投げ 21.6m
(25.4m)
13.6m
(14.8m)
ハンドボール投げ 20.3m
(21.3m)
女子12.9m
(13.5m)

授業以外での運動時間:週420分以上運動していると体力合計点数が高い

学校での体育の授業以外で運動する1週間あたりの時間が「420分以上」と回答した児童・生徒の割合は前年度から減少し、とくに男子の減少幅が大きかった。

児童生徒の運動時間(体育の授業を除く)

児童生徒の運動時間(体育の授業を除く)

(出典:スポーツ庁)

そして1週間あたりの運動時間が420分以上の児童・生徒は、420分未満の児童・生徒に比較し、以下に記すように体力合計点数が高かった。小学生男子の体力合計点数は1週間あたりの運動時間が420分以上では57.6点、420点未満では49.3点。以下同順に、小学生女子では60.0点、53.7点、中学生男子43.4点、33.3点、女子54.7点、43.1点。

以上、小中学生の体力低下が認められるが、スポーツ庁がその背景因子として挙げている、スクリーンタイムや肥満、朝食欠食率の増加については、「スポーツ庁『全国体力・運動能力、運動習慣等調査』(2)」として取り上げる。

関連情報

令和元年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果(スポーツ庁)

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

セミナー・イベント情報
このページのトップへ