スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

10代女性の運動習慣に明らかな差 スポーツ庁「体力・運動能力調査」(2)運動習慣・体力年齢の年次推移、年代別比較

スポーツ庁「体力・運動能力調査」は昭和39年度から継続し実施されているが、今回は平成30年度調査ということで、平成30年間の変化をまとめて分析した結果が報告されている。そこから、運動習慣・体力年齢の年次推移と、体力・運動能力を年代別に比較した結果を紹介する。

10代女性の運動習慣に明らかな差 スポーツ庁「体力・運動能力調査」(2)運動習慣・体力年齢の年次推移、年代別比較

運動習慣の年代別年次推移

「運動やスポーツをどのくらいしているか」との質問に対し、ほとんど毎日(週に3日以上)、ときどき(週に1~2日くらい)、ときたま(月に1~3日くらい)、しないの四択で回答を得た。

若年の女子は年齢により運動習慣の差が大きい

青少年では平成の30年間を通じてほとんど変化がみられず横ばいで推移している。ただし女子については年齢により運動習慣が大きく異なる傾向が続いている。具体的には、11歳や16歳で運動習慣のある者の割合が減少する傾向がみられる。

一方、高齢者については、運動習慣のある者の割合が緩やかに上昇している。

図1 青少年(女子)の年齢別にみた運動習慣の年次推移

青少年(女子)の年齢別にみた運動習慣の年次推移

(出典:スポーツ庁)

体力年齢の年次推移

実年齢(暦年齢)と、体力テストの結果から算出した体力年齢を比較した結果、男女ともに50歳代後半の年齢層で、体力年齢が若い人が増加している。具体的には、平成10年度調査で体力年齢が実年齢より若かった人は男性30.9%、女性36.5%だったが、20年後にあたる今回発表された平成30年度調査では、それぞれ52.5%、54.8%と約20ポイント増えている。

なお、平成9年度までと10年度以降では、体力年齢の算出方法が異なるため連続性がない。

図2 実年齢と体力年齢の比較の年次推移(50歳代後半)

実年齢と体力年齢の比較の年次推移(50歳代後半)

(出典:スポーツ庁)

一方、30代後半の女性に関しては反対の現象がみられ、実年齢のほうが若い人が増加している。平成10年度調査では40.3%の人が、体力年齢が実年齢より若かったのに、平成30年度調査では26.8%と13.5ポイント減ってしまった。

図3 実年齢と体力年齢の比較の年次推移(30歳代後半の女性)

実年齢と体力年齢の比較の年次推移(30歳代後半の女性)

(出典:スポーツ庁)

体力・運動能力の年代別比較

調査開始時の昭和39年に調査対象の中で最も年少であった昭和29年度生まれ(当時10歳)と、平成元年生まれの者とで、比較可能な項目について経年的変化を調べた。結果はいずれの項目も、昭和29年度生まれのほうがピーク値が高く、また、ほとんどの項目で昭和29年度生まれのほうが成績向上期間が長かった。

図4 体力・運動能力の年代別比較の推移

体力・運動能力の年代別比較の推移

(出典:スポーツ庁)

関連情報

平成30年度体力・運動能力調査結果の概要及び報告書について(スポーツ庁)

スポーツ庁「平成30年度 体力・運動能力調査の結果」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ