スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

元気な高齢者が増えている!? スポーツ庁「体力・運動能力調査」(1)年齢別にみた体力・運動能力とその年次推移

スポーツ庁は15日、「平成30年度 体力・運動能力調査」の結果を発表した。50歳代後半の人は男女ともに体力年齢の若返りが続いていること、日常的にスポーツをしている青少年は何事も最後までやり遂げようとする意志が強いことなどがわかった。結果の概要を数回に分けて紹介する。

元気な高齢者が増えている!? スポーツ庁「体力・運動能力調査」(1)年齢別にみた体力・運動能力とその年次推移

前回の東京オリンピックから続いている調査

「体力・運動能力調査」は、前回の東京オリンピックが開催された昭和39年以来、毎年行われている(平成27年度までは文部科学省が主体)。調査の目的は、「国民の体力・運動能力の現状を明らかにするとともに、体育・スポーツの指導と行政上の基礎資料を得る」こととしている。

調査客体は、小学生1万3,536名(回収率100.0%)、中学生8,460名(同99.3%)、全日制高校生7,614名(同100.0%)、定時制高校生1,504名(同87.4%)、高等専門学校生(男子)600名(同91.5%)、短期大学生(女子)600名(同95.3%)、大学生(20歳未満)2,400名(82.8%)、成人(20~64歳)3万3,840名(72.1%)、高齢者(65~79歳)5,640名(100.0%)。

年齢別にみた体力・運動能力

握力(筋力)、上体起こし(筋力・筋持久力)、長座体前屈(柔軟性)は6~79歳を対象に、反復横とび(敏捷性)、20mシャトルラン(全身持久力)、立ち幅とび(筋パワーおよび跳能力)は6~64歳を対象に調査された。

握力は30歳代でピークに達する

ほとんどの項目において、女子は中学生年代にピークレベルに到達する一方、男子は高校年代で、ピークレベルに到達する時期がやや遅い。ただし握力は特異で、男女ともに30歳代でピークレベルに達し、加齢に伴う低下スピードが他の項目よりも緩やか。

図1 年齢別にみた握力の変化

年齢別にみた握力の変化

(出典:スポーツ庁)

体力・運動能力の年次推移

青少年

青少年(6~19歳)の体力・運動能力の推移をみると、握力、50m走、持久走、立ち幅とび、ボール投げは水準の高かった昭和60年ごろに比べると、中学・高校の男子を除き、低い水準で推移している。

中学以上の男子の握力は、最近10年間、低下傾向にある。

図1 青少年の握力の年次推移(左図は男子、右図は女子)

握力の年次推移(左図は男子、右図は女子)

(出典:スポーツ庁)

成人

成人(20~64歳)の体力・運動能力は、昭和60年ごろと比較し、握力と急歩は30~40歳代で低下、50歳代は同等または向上している。

握力は男女ともにほぼすべての年代で、最近10年間、低下傾向にある。反復横とびは上昇傾向にある。

図2 成人の握力(左図)と反復横とび(右図)の年次推移

成人の握力(左図)と反復横とび(右図)の年次推移

(出典:スポーツ庁)

高齢者

高齢者(65~79歳)の体力・運動能力は、握力、上体起こし、開眼片足立ち、6分間歩行など、ほとんどの項目が上昇傾向にある。

図3 高齢者の開眼片足立ち(左図)と6分間歩行(右図)の年次推移

高齢者の開眼片足立ち(左図)と6分間歩行(右図)の年次推移

(出典:スポーツ庁)

関連情報

平成30年度体力・運動能力調査結果の概要及び報告書について(スポーツ庁)

スポーツ庁「平成30年度 体力・運動能力調査の結果」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ