スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJ志保子塾2023 ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

スポーツ庁、令和3年度体力・運動能力調査①「体力・運動能力の加齢に伴う変化」

スポーツ庁、令和3年度体力・運動能力調査①「体力・運動能力の加齢に伴う変化」

スポーツ庁はこのほど、「令和3年度体力・運動能力調査」の結果を公表した。同調査は、国民の体力・運動能力の現状を明らかにするため、最初の東京オリンピックが開催された昭和39年以来、毎年実施している。今回は、本年3月に第3期スポーツ基本計画が策定されたことから、第1期スポーツ基本計画が策定され開始された平成24年度から第2期計画期間が終了した令和3年度までの10年間の調査結果を概観した結果も示されている。

4回に分けて紹介する。その1回目は、令和3年度の調査結果のうち、加齢に伴う体力・運動能力の変化について。

体力・運動能力の加齢に伴う変化の傾向

握力(筋力)、上体起こし(筋力・筋持久力)、長座体前屈(柔軟性)の3項目は6~79歳、反復横とび(敏捷性)、20mシャトルラン(全身持久力)、立ち幅とび(筋パワーおよび跳能力)の3項目は6~64歳までを対象にテストされている。

これらのテストの結果の一般的な傾向として、ほとんどの項目の記録は、男子が女子を上回ったまま成長とともに向上し、女子は中学生年代でピークレベルに達するのに対して、男子ではそれ以後も向上を続けて高校生年代から成人にかけてピークレベルに達する。一方、ピーク以後は男女ともに、ほとんどの項目の記録が加齢に伴い直線的に低下していくが、低下の程度はテスト項目によって大きく異なる。

図1 加齢に伴う新体力テストの合計点の変化(男子)

加齢に伴う新体力テストの合計点の変化(男子)

※図は、3点移動平均法を用いて平滑化してある。
※合計点は、新体力テスト実施要項の「項目別得点表」による。
※得点基準は、6〜11歳、12〜19歳、20〜64歳、65〜79歳で異なる。
(出典:スポーツ庁)

図2 加齢に伴う新体力テストの合計点の変化(女子)

加齢に伴う新体力テストの合計点の変化(女子)

※図は、3点移動平均法を用いて平滑化してある。
※合計点は、新体力テスト実施要項の「項目別得点表」による。
※得点基準は、6〜11歳、12〜19歳、20〜64歳、65〜79歳で異なる。
(出典:スポーツ庁)

図3 加齢に伴う握力の変化

加齢に伴う握力の変化

※図は、3点移動平均法を用いて平滑化してある。
(出典:スポーツ庁)

図4 加齢に伴う上体起こしの変化

加齢に伴う上体起こしの変化

※図は、3点移動平均法を用いて平滑化してある。
(出典:スポーツ庁)

図5 加齢に伴う長座体前屈の変化

加齢に伴う長座体前屈の変化

※図は、3点移動平均法を用いて平滑化してある。
(出典:スポーツ庁)

図6 加齢に伴う反復横とびの変化

加齢に伴う反復横とびの変化

※図は、3点移動平均法を用いて平滑化してある。
(出典:スポーツ庁)

図7 加齢に伴う20mシャトルランの変化

加齢に伴う20mシャトルランの変化

※図は、3点移動平均法を用いて平滑化してある。
(出典:スポーツ庁)

図8 加齢に伴う立ち幅とびの変化

加齢に伴う立ち幅とびの変化

※図は、3点移動平均法を用いて平滑化してある。
(出典:スポーツ庁)

関連情報

スポーツ庁/令和3年度体力・運動能力調査の結果について

スポーツ庁「体力・運動能力調査」アーカイブ

平成30年度(2018年度)

1.元気な高齢者が増えている!?
2.10代女性の運動習慣に明らかな差
3.ストレス解消、学力向上、達成意欲...スポーツのさまざまな効果と可能性

令和元年度(2019年度)

1.小学生男子の体力が過去最低
2.小中学生体力低下の原因は?

令和元年度(2019年度)

1.調査概要と加齢に伴う運動能力の変化
2.年齢別に見る体力・運動能力の年次推移
3.体力・運動能力を前回の東京五輪開催時と比較
4.幼児期の外遊びと小学生の運動・体力

令和2年度(2020年度)

新型コロナの影響か?「令和2年度 体力・運動能力調査」は、わずかに低下傾向

令和3年度(2021年度)

1.小中学生の体力が低下しているのは新型コロナの影響か?
2.運動時間が減りスクリーンタイムの増加が顕著

令和3年度(2021年度)

①体力・運動能力の加齢に伴う変化
②青少年6~19歳の体力・運動能力
③成年20〜64歳と高齢者65~79歳の体力・運動能力
④10年間の調査結果の概観

令和4年度(2022年度)

①子どもの体力が3年連続低下
②中学女子以外は肥満の割合が過去最高
③体育が楽しい中学生の割合が過去最高

令和4年度(2022年度)

①体力・運動能力の加齢に伴う変化(全年齢)
②6~19歳の体力・運動能力
③20~79歳の体力・運動能力
④運動・スポーツ実施状況と体力、健康状態、生活充実度などとの関係性

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2023前期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
おすすめ記事
スポーツ栄養・栄養サポート関連書籍のデータベース
セミナー・イベント情報
このページのトップへ