スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

新型コロナウイルス・ワクチンの副反応は? 妊婦の安全性は? 持続時間は? 米CDCのワクチン情報②

2021年03月17日

米国疾病対策センター(Centers for Disease Control and Prevention;CDC)から発信されている、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチンに関する情報を数回に分けて紹介している。第2回はワクチン接種に関するFAQ(よくある質問)を取り上げる。CDCへの問合せが多い質問項目をまとめたものであり、CDCは「ワクチンに関する都市伝説を否定するものもある」としている。国ごとに状況が異なるため日本には該当しない質問項目や、米CDCのワクチン情報①で取り上げた内容と重複するものを除いて紹介する。

新型コロナウイルス・ワクチンの副反応は? 妊婦の安全性は? 持続時間は? 米CDCのワクチン情報

米国と日本では状況の相違もあり(現時点で使用可能なワクチンの種類など)、CDC発の情報をそのまま国内に適用できるとは限りませんが、参考情報として紹介します。国内の情報については厚生労働省のWebサイトをご参照ください。新型コロナワクチンについて(厚生労働省)

ワクチン接種後の一般的な副反応は?

予防接種を受けた後、体が免疫を構築していることを示す初期の兆候として、いくつかの副反応が現れることがある。最も一般的なものは、注射をした腕の痛み、発赤、腫れ、倦怠感、頭痛、筋肉痛、悪寒、発熱、吐き気。これらの副反応は、ふだんの生活活動に影響を与えることもあるが、数日で軽快するはずだ。

妊娠中でもワクチン接種を受けられるか?

ワクチンが妊婦に対して特定のリスクをもたらす可能性は低いと考えられている。しかし、いまだCOVID-19ワクチンを妊婦に接種した場合の多数のデータはない。ワクチンの安全性を監視するシステムが整備・稼働しており、これまでのところ妊婦において特定の安全性の懸念は示されていない。

妊婦は非妊婦と比較した場合、COVID-19に感染すると重症化のリスクが高い。また、妊婦がCOVID-19に罹患すると、早産などの有害な妊娠転帰のリスクが高まる可能性がある。

ワクチンの効果はどのくらい続くか?

この点はまだデータがない。我々が知り得ていることは、COVID-19が多くの人々に非常に深刻な状態と死を引き起こしてきているという事実だ。COVID-19に感染した場合、愛する人にもそのリスクを負わす可能性がある。COVID-19ワクチンを接種することは、より安全な選択と言える。

現在、ワクチンの効果の持続期間について研究が進められている。CDCは、新たなエビデンスが得られた段階で、その都度、情報を公開していく。

ワクチン接種後もマスクを着用し、人との距離を保つ必要があるか?

場合による。接種を完了した人だけが集まる場合は、それらの必要性は高くない。ただし、ワクチン未接種の人が含まれる場合や、COVID-19ハイリスク者と同居している人は、以前からの感染防御策をとる必要がある。

既にCOVID-19に感染したことのある場合も、ワクチンを接種すべきか?

すべき。COVID-19に感染しか否かに関係なく、予防接種を受ける必要がある。

なぜなら、COVID-19感染から回復した後、どのくらいの期間、再感染リスクが低い状態にあるのか、まだデータがなくわからないからだ。COVID-19回復後に再感染したケースも、少数ながら報告されている。

COVID-19に感染することよりも、予防接種を受けることのほうが、免疫を高めるより安全な方法である。

基礎疾患がある場合もワクチン接種を受けられるか?

受けられる。むしろ基礎疾患のある人はCOVID-19重症化リスクが高いため、ワクチン接種は重要な考慮事項である。

COVID-19重症化リスクが高い基礎疾患として、癌、CKD(慢性腎臓病)、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、ダウン症、心不全・冠動脈疾患・心筋症などの心臓病、免疫不全状態、高度肥満、妊娠、喫煙者、2型糖尿病などが該当する。

COVID-19重症化リスクが高い可能性がある基礎疾患として、喘息、脳血管障害、嚢胞性線維症、高血圧、輸血治療や骨髄移植、HIV、ステロイド使用、認知症、肝疾患、肥満、肺線維症、サラセミア、1型糖尿病などがある。

COVID-19に罹患している最中に、ワクチンを受けることは可能か?

できない。症状のあるCOVID-19罹患者は、病気から回復し、隔離終了の基準を満たすまで、ワクチン接種を待たなければならない。また、感染しているものの症状のない場合も、予防接種を受ける前に基準を満たすまで待つ必要がある。

この推奨は、2回接種するタイプのワクチンで、1回目から2回目の接種の間にCOVID-19に感染した人にも適用される。

米国疾病対策センター(CDC)の新型コロナウイルス・ワクチン情報

  1. ワクチン接種前に知っておきたいこと
  2. ワクチンの副反応は? 妊婦の安全性は? 持続時間は?
  3. ワクチンの副反応とその対策
  4. ワクチン接種後の注意点
  5. ワクチン接種を完了した人への勧告・推奨事項
  6. ワクチン接種を完了した人への勧告の科学的根拠

関連情報

Frequently Asked Questions about COVID-19 Vaccination(CDC)
Myths and Facts about COVID-19 Vaccines(CDC)
Information about COVID-19 Vaccines for People who Are Pregnant or Breastfeeding(CDC)
People with Certain Medical Conditions(CDC)
新型コロナワクチンについて(厚生労働省)

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2021前期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

新型コロナウイルスに関する記事

栄養・食生活

運動・エクササイズ

アスリート・指導者・部活動・スポーツ関係者

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

セミナー・イベント情報
このページのトップへ