スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

ウイルス感染症に対する免疫強化の栄養戦略 新型コロナを念頭に置いての文献レビュー

2020年05月04日

ウイルス感染症の予防と治療には、バランスのとれた栄養が有用と考えられる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの中、COVID-19に対する栄養学的エビデンスはまだないが、ウイルス性疾患、とくに呼吸器感染症に重点を置いた栄養ベースの介入研究は多く報告されている。本論文はCOVID-19を念頭に、ウイルス感染症予防のための栄養介入という視点で行われた文献レビューの結果である。ビタミンA、D、亜鉛、セレンの補給は、ウイルス感染症の予防と治療に有益な可能性があるという。

ウイルス感染症に対する免疫強化の栄養戦略 新型コロナを念頭に置いての文献レビュー

研究の概要

まず研究の概要を紹介すると、著者らはPubMed、Web of Science、Sci Verse Scopusという3つの医療データベースを用い、ウイルス感染症および呼吸器感染症に関する研究報告の文献検索を行った。免疫学的パラメーターを測定し、ヒトを対象とした比較対照試験を適格条件とし、ビタミン、ミネラル、栄養補助食品、プロバイオティクスに関する臨床試験を検索。基準を満たすものとして43件の研究がヒットした。

その内訳は、ビタミン関連が13件、ミネラル関連が8件、栄養補助食品関連が18件、プロバイオティクス関連が4件で、ビタミン関連ではビタミンAとDが欠乏状態にある対象で潜在的なメリットが示された。またミネラル関連ではセレンと亜鉛もウイルス性呼吸器感染症に好ましい免疫調節効果があることが示された。これら微量栄養素は、栄養が枯渇した高齢者に有益である可能性がある。

以下、結論部分のみを抜粋して紹介する。

ビタミン

ビタミンA

ビタミンAは脂溶性ビタミンであり、上皮と粘膜を保護する。免疫機能を増強し、細胞性免疫および体液性免疫双方の応答を調節する。乳児のビタミンA補給は、麻疹ワクチンなど数種のワクチン接種後の抗体反応を向上させる可能性がある。また、ビタミンAとDが不足していた小児(2〜8歳)へのインフルエンザワクチン接種に対する免疫応答が、ビタミンAとDの補給により増強したことが報告されている。

ビタミンD

ビタミンDも脂溶性ビタミンであり、自然免疫と獲得免疫双方の調節に重要な役割を果たす。ビタミンD欠乏症では急性ウイルス性呼吸器感染症への感受性が亢進することが、疫学的に示されている。

急性呼吸器感染症の予防におけるビタミンDの役割に関する系統的レビューには、39件の研究(4件の横断研究、8件の症例対照研究、13件のコホート研究、14件の臨床試験)があり、低ビタミンD状態と上・下気道感染症のリスクの増加に有意な関連を認めた報告もある。ただし、無作為化比較試験(RCT)の結果は一致していない。呼吸器感染症に対するビタミンD補給の抗ウイルス作用は、個々人のビタミンD状態に依存する可能性が高い。

ビタミンE

やはり脂溶性ビタミンであるビタミンEは強力な抗酸化物質であり、宿主の免疫能の調節にもかかわる。ビタミンE欠乏症は体液性免疫と細胞性免疫の双方に影響を及ぼすことが知られている。一方でビタミンE補給が感染症の発症に影響を与えることを示した研究はほとんどない。

50〜69歳の喫煙者を対象とした研究からは、ビタミンEの補給が肺炎のリスクを高めることが示された。別の研究では、高齢者入居施設の居住者の下気道感染症には有意な影響を及ぼさなかった。しかしながら、B型慢性肝炎患者を対象とする小規模のRCTでは、HBV-DNA陰性化や肝逸脱酵素の正常化がビタミンE摂取群で有意に高いという結果が報告されている。

ビタミンC

ビタミンCは、ホルモン産生、コラーゲン合成、免疫増強など、多くの生理学的反応において必須の抗酸化物質および酵素補因子として知られている。マウスのin vivo(生体内)の動物研究からは、感染の初期段階でインターフェロン産生増加を介して、インフルエンザAウイルス(H3N2)に対する抗ウイルス免疫応答に関与することが示されている。ただし、文献検索の結果としては、特定のウイルス感染症の治療のためのビタミンCの使用を検討したRCTは抽出されなかった。また、最も一般的なウイルス感染症と言える風邪の予防と治療に対するビタミンCの有用性に関しても、決定的なエビデンスは見つからなかった。

ミネラル

亜 鉛

亜鉛欠乏症は、ウイルス感染症を含む感染症への感受性の亢進と関連している。例えばHIVやHCVなどの感染症のリスクが高いことが示されている。ただし、亜鉛補充による免疫反応への影響を評価したRCTはほとんどない。肺炎の小児(1カ月〜5歳)でプラセボと比較し、亜鉛補給群で罹病期間や呼吸数、酸素飽和度の有意な改善が報告されている。

セレン

セレンは、抗酸化作用から抗炎症作用に至る多面的作用をもつ微量元素である。低セレン状態は、死亡、免疫機能低下、認知機能低下のリスクの増大と関連しており、セレン補給の抗ウイルス作用が示されている。セレン補給を受けた被験者がポリオウイルスの迅速なクリアランスを示したとの報告も見られる。

銅は免疫細胞の発生と分化に関与する。In vitro(試験管内)研究は銅が抗ウイルス特性をもつことを示している。しかし、銅の補給によりインフルエンザに対する抗体価が低下したとの報告もある。

マグネシウム

マグネシウムは、免疫グロブリン合成、免疫細胞接着などに影響を与え、免疫能の制御に重要な役割を果たす。それらの作用はin vitroのみでなく、in vivo研究でも示されている。しかしながら文献検索からは、ウイルス感染症に対するマグネシウム補給の有益な効果を示したRCTを見い出せなかった。

ウイルス感染症の予防と治療における推奨事項

論文では上記のほか、栄養補助食品サプリメント、プロバイオティクスサプリメントなどについての文献検索の結果を考察した上で、結論を以下のようにまとめている。

ウイルス感染症の予防または治療のための推奨事項
全身状態
または
栄養素
予 防治 療用 量補給源の例
健康各国のガイドラインに従う栄養アセスメントに応じた治療
N/A(該当なし)
N/A(該当なし)
栄養不良蛋白質摂取量、エネルギー量の体系的な食事のアドバイスが必要管理栄養士・栄養士に相談
N/A(該当なし)
N/A(該当なし)
肥満専門家の監督の下でのエネルギー摂取制限減量は推奨されない
N/A(該当なし)
N/A(該当なし)
糖尿病低グリセミックインデックス、低グリセミックロード。赤身の蛋白質を優先管理栄養士・栄養士に相談。個別化した治療が必要
N/A(該当なし)
N/A(該当なし)
エネルギー摂取量変化させない10%増加
N/A(該当なし)
N/A(該当なし)
多栄養サプリメントフレイルの人には有効病前・病中の食事摂取量が少ない場合は有効の可能性ガイドラインの推奨量
N/A(該当なし)
ビタミンA補給が有効であり得る補給が有効であり得る予防:5,000 IU/日
治療:20,000 IU/日
動物性食品:肝臓、卵、牛乳、チーズ
植物性食品:緑黄色野菜、ニンジン、マンゴー、パパイヤ、サツマイモ
ビタミンD補給が有効であり得る。特に不足している人、および自宅隔離状態の人血清ビタミン状態による予防:5,000 IU/日
治療:10,000 IU/日
動物性食品:サーモン、イワシ、卵黄、肝臓
植物性食品:キノコ
ビタミンE補給は有害の可能性がある補給は有害の可能性がある推奨されない動物性食品:卵、マグロ、サーモン
植物性食品:小麦胚芽、ヒマワリの種、ヒマワリ油、アーモンド、ピーナッツ
ビタミンC補給が有益である可能性は低い補給が有益である可能性は低い予防:推奨されない
治療:1 g/日
動物性食品:肝臓、カキ
植物性食品:柑橘類、グアバ、イチゴ、パイナップル、ブロッコリー、トマト
亜鉛補給が有効であり得る補給が有効であり得る予防:20 mg/日
治療:150 mg/日
動物性食品:カキ、牛肉、豚肉、鶏肉
植物性食品:裏ごし豆、カシューナッツ、かぼちゃの種、アーモンド、エンドウ豆
セレン補給が有効であり得る補給が有効であり得る予防:50 μg/日
治療:200 μg/日
動物性食品:卵、豚肉、鶏肉、牛乳、七面鳥
植物性食品:ヒマワリの種、豆腐、全粒穀物、ブラジルナッツ
マグネシウム補給が有益である可能性は低い補給が有益である可能性は低い予防:推奨されない
治療:推奨されない
動物性食品:サケ、チキン、ビーフ
植物性食品:緑黄色野菜、豆類、ナッツ、種子、全粒穀物
栄養補助食品成分によっては、補給が有益な場合がある成分によっては、補給が有益な場合がある製品に依存ニンニク、油性魚、クランベリージュース、ブロッコリースプラウト
プロバイオティクス菌株によっては、補給が有益な場合がある菌株によっては、補給が有益な場合がある製品に依存ヨーグルト、凝乳

文献情報

原題のタイトルは、「Enhancing immunity in viral infections, with special emphasis on COVID-19: A review」。〔Diabetes Metab Syndr. 2020 Apr 16;14(4):367-382〕
原文はこちら(Elsevier)

新型コロナウイルスに関する記事

栄養・食生活

運動・エクササイズ

アスリート・指導者・部活動・スポーツ関係者

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

SNDJみんなで体験!サンプリングキャンペーン リポビタンショット for Sportsを体験しよう! 試飲後アンケート
セミナー・イベント情報
このページのトップへ