スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJ志保子塾2023 ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

8月の熱中症による救急搬送は3万4,835人、平成20年以降では3番目に多い人数

総務庁は先ごろ、「令和5年8月の熱中症による救急搬送状況」の確定値を公表した。今年8月の熱中症による救急搬送人員は全国で3万4,835人であり、これは8月の調査を開始した平成20年以降、3番目に多い搬送人員とのことだ。

8月の熱中症による救急搬送は3万4,835人、平成20年以降では3番目に多い人数

熱中症による救急搬送の総数

令和5年8月の全国における熱中症による救急搬送人員は3万4,835人で、8月の調査を開始した平成20年以降、8月としては1番多い搬送人員となった令和2年の4万3,060人と比べると8,225人少ないものの、令和元年の3万6,755人に次いで、これまでで3番目に多い搬送人員だった。

図1 平成20年~令和5年、各年8月の熱中症による救急搬送人員

図1 平成20年~令和5年、8月の熱中症による救急搬送人員

(出典:総務省)

図2 平成20年~令和5年、各年5月〜9月の熱中症による救急搬送人員の推移

平成20年~令和5年の熱中症による救急搬送人員の推移

(出典:総務省)

図3 令和5年8月の熱中症による救急搬送状況
「都道府県別救急搬送人員昨年比」

令和5年8月の熱中症による救急搬送状況  「都道府県別救急搬送人員昨年比」

(出典:総務省)

図4 令和5年5月〜9月の熱中症による救急搬送件数の週次推移

令和5年の熱中症による救急搬送件数の週次推移

(出典:総務省)

熱中症による救急搬送の内訳

年齢区分別

年齢層別では、高齢者(65歳以上)が最も多く1万9,158人(55.0%)、次いで成人(18歳以上65歳未満)1万2,393人(35.6%)、少年(7歳以上18歳未満)3,097人(8.9%)、乳幼児(生後28日以上7歳未満)186人(0.5%)の順。

図5 令和5年8月の熱中症による救急搬送人員【年齢区分別(構成比)】

令和5年の熱中症による救急搬送人員【年齢区分別(構成比)】

(出典:総務省)

医療機関での初診時の傷病程度

医療機関での初診時の重症度は、軽症(外来診療)が最も多く2万3,456人(67.3%)、次いで中等症(入院診療)1万408人(29.9%)、重症(長期入院)768人(2.2%)の順。

図6 令和5年8月の熱中症による救急搬送人員【初診時における傷病程度別(構成比)】

令和5年の熱中症による救急搬送人員【初診時における傷病程度別(構成比)】

(出典:総務省)

発生場所

発生場所は住居が最も多く1万4,602人(41.9%)、次いで道路5,378人(15.4%)、公衆(屋外)4,386人(12.6%)、仕事場①3,996人(11.5%)の順。なお、仕事場①は、道路工事現場、工場、作業所等、仕事場②は、農林・畜産・水産作業を行っている場合の田畑、森林、海、川。

図7 令和5年8月の熱中症による救急搬送人員【発生場所別(構成比)】

令和5年の熱中症による救急搬送人員【発生場所別(構成比)】

(出典:総務省)

関連情報

総務庁「令和5年8月の熱中症による救急搬送状況」

この記事のURLとタイトルをコピーする
熱中症予防情報

シリーズ「熱中症を防ぐ」

熱中症・水分補給に関する記事

志保子塾2024前期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
おすすめ記事
スポーツ栄養・栄養サポート関連書籍のデータベース
セミナー・イベント情報
このページのトップへ