スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

6月の熱中症による救急搬送数は昨年の3.3倍で過去最高に 7月は第1週で既にそれに匹敵

消防庁が7月27日に発表した「令和4年6月の熱中症による救急搬送状況」によると、今年の6月の熱中症による救急搬送人員が、調査を開始した平成22年以降、6月として最多だったことが明らかになった。昨年6月の救急搬送人員は4,945人だったが、今年は1万5,969人であり、1万1,024人多い約3.3倍となった。

6月の熱中症による救急搬送数は昨年の3.3倍で過去最高に 7月は第1週で既にそれに匹敵 

現在、新型コロナパンデミック第7波による患者数が急増中のため、救急搬送が困難な事案が発生しているといい、同庁では、コロナ対策としてこまめな換気を促すとともに、屋外でマイクの必要のない場面ではマスクを外すよう呼び掛けている。

年齢区分別の救急搬送人員

熱中症による救急搬送者を年齢別にみると、高齢者(65歳以上)が最も多く半数以上(54.8%)を占め、次いで成人(18~65歳未満)が3割強、少年(7~18歳未満)が約1割、乳幼児(生後28日~7歳未満)が1%弱となっている。

6月の熱中症による救急搬送状況(令和4年 vs 令和3年)
令和3年6月令和4年6月
新生児0人0.00%1人0.00%
乳幼児45人0.90%133人0.80%
少 年678人13.70%1,847人11.60%
成 人1,424人28.80%5,230人32.80%
高齢者2,798人56.60%8,758人54.80%
合 計4,945人100%15,969人100%
新生児:生後28日未満の者。乳幼児:生後28日以上満7歳未満の者。少年:満7歳以上満18歳未満の者。成人:満18歳以上満65歳未満の者。高齢者:満65歳以上の者。
(出典:消防庁)

医療機関での初診時の重症度

医療機関での初診時の重症度は、軽症(外来診療)が最も多く約6割、次いで中等症(入院診療)が3割強、重症(長期入院)が約3%で、死亡が0.1%(19人)だった。

6月に熱中症で搬送された人の初診時における傷病程度(令和4年 vs 令和3年)
令和3年6月令和4年6月
死 亡7人0.14%19人0.12%
重 症110人2.22%450人2.82%
中等症1,692人34.22%5,411人33.88%
軽 症3,092人62.53%10,029人62.80%
その他44人0.89%60人0.38%
合 計4,945人100.00%15,969人100.00%
死亡:初診時において死亡が確認。重症(長期入院):3週間以上の入院加療が必要。中等症(入院診療):重症または軽症以外。軽症(外来診療):入院加療を必要としない。その他:医師の診断がないもの及び傷病程度が判明しないもの。その他の場所へ搬送したもの。
※なお、傷病程度は入院加療の必要程度を基準に区分しているため、軽症の中には早期に病院での治療が必要だった者や通院による治療が必要だった者も含まれる。
(出典:消防庁)

発生場所

発生場所は住居が最も多く約4割、次いで道路2割弱、公衆(屋外)1割などが続いている。

6月に熱中症で搬送された人が発症した場所(令和4年 vs 令和3年)
令和3年6月令和4年6月
住居1,730人34.98%6,259人39.19%
仕事場①472人9.54%1,667人10.44%
仕事場②174人3.52%314人1.97%
教育機関470人9.50%1,184人7.41%
公衆(屋内)305人6.17%1,211人7.58%
公衆(屋外)527人10.66%1,719人10.76%
道路950人19.21%2,914人18.25%
その他317人6.41%701人4.39%
合計4,945人100.00%15,969人100.00%
住居:敷地内全ての場所を含む。仕事場①:道路工事現場、工場、作業所等。仕事場②:田畑、森林、海、川等(農・畜・水産作業を行っている場合のみ)。教育機関:幼稚園、保育園、小学校、中学校、高等学校、専門学校、大学等。公衆(屋内):不特定者が出入りする場所の屋内部分(劇場、コンサート会場、飲食店、百貨店、病院、公衆浴場、駅(地下ホーム)等)。公衆(屋外):不特定者が出入りする場所の屋外部分(競技場、各対象物の屋外駐車場、野外コンサート会場、駅(屋外ホーム)等)。道路:一般道路、歩道、有料道路、高速道路等。その他:上記に該当しない項目。
(出典:消防庁)

7月は1週間でほぼ6月の救急搬送数に匹敵

今回、救急搬送者数が「確定値」として発表されたのは6月26日までの数値だが、7月10日までの数値も「速報値」として示されている。それによると、6月27日~7月3日の1週間の熱中症による救急搬送者数は1万4,434人であり、1週間で既に6月の1カ月間の搬送者数に近づいている。

図 令和4年・週ごとの熱中症による救急搬送数

令和4年・週ごとの熱中症による救急搬送数

(出典:消防庁)

コロナの影響で搬送困難なケースが増加中

同庁によると、「新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、救急搬送が困難な事案が増加している」という。そして、コロナ対策と熱中症予防対策の両立のための情報をアナウンスしている。

具体的には、「熱中症は正しい知識を身につけることで、適切に予防することが可能。新型コロナウイルス感染症対策としての『新しい生活様式』における熱中症予防行動のポイントを心がけてほしい」と呼びかけている。「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイントは以下の通り。

  • 涼しい服装、日傘や帽子で暑さを避ける。
  • のどが渇いていなくてもこまめに水分補給する。
  • 部屋の温度に注意し、エアコンや扇風機を上手に使う。また、こまめに換気する。
  • 熱中症警戒アラート発令中は外出をできるだけ控え暑さを避ける。
  • 屋外では、人との距離(2m以上を目安)が確保できる場合や、距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合は、マスクを外す。

出典元

消防庁 令和4年6月の熱中症による救急搬送状況

関連情報

消防庁 熱中症情報

この記事のURLとタイトルをコピーする
熱中症予防情報

シリーズ「熱中症を防ぐ」

熱中症・水分補給に関する記事

志保子塾2022前期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー 第5回」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
スポーツ栄養・栄養サポート関連書籍のデータベース
おすすめ記事
セミナー・イベント情報
このページのトップへ