スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

令和元年 国民健康・栄養調査(2)外食・中食・健康食品の利用状況、情報入手ツール

厚生労働省「令和元年 国民健康・栄養調査」の結果を4回にわたって紹介している。第2回は、外食や中食、健康食品の利用状況、および、食生活に関する情報の入手経路に関する調査結果を取り上げる。

令和元年 国民健康・栄養調査(2)外食・中食・健康食品の利用状況、情報入手ツール

3.男性の3割、女性の4割が健康食品を利用

外食、持ち帰りの弁当や惣菜、配食サービスの利用状況

外食を週1回以上利用している人は、男性41.6%、女性26.7%で、若い世代ほどその割合が高い。持ち帰りの弁当・惣菜を週1回以上利用している人は、男性47.2%、女性44.3%で、20~50歳代でその割合が高い。配食サービスを週1回以上利用している人は、男性5.8%、女性 4.6%。

外食(飲食店での食事)をどのくらい利用していますか

外食(飲食店での食事)をどのくらい利用していますか

(出典:厚生労働省)

持ち帰りの弁当や惣菜をどのくらい利用していますか

持ち帰りの弁当や惣菜をどのくらい利用していますか

(出典:厚生労働省)

民間や公的機関による定期的な配食サービスをどのくらい利用していますか

民間や公的機関による定期的な配食サービスをどのくらい利用していますか

(出典:厚生労働省)

健康食品の利用状況

健康食品を摂取している人は、男性30.2%、女性38.2%であり、男女ともに60歳代で最も高い。健康食品を摂取している目的は、20歳代男性で「たんぱく質の補充」、20歳代女性で「ビタミンの補充」と回答した人の割合がそれぞれ最も高く、その他の年代では「健康の保持・増進」との回答の割合が最も高い。

サプリメントのような健康食品を食べたり、飲んだりしていますか

サプリメントのような健康食品を食べたり、飲んだりしていますか

(出典:厚生労働省)

健康食品を利用する目的は何ですか

健康食品を利用する目的は何ですか

※複数回答のため、内訳合計が 100%にならない。 ※網掛けは、各年代で最も高い項目。
(出典:厚生労働省)

〔出典:厚生労働省〕

4.食生活に影響を与えている情報源。若年者ではネットが高比率

食生活に影響を与えている情報源は、「テレビ」が52.3%と最も多く、男性では50歳以上、女性では30歳以上でその割合が最も高い。次いで、「家族」との回答が36.6%と高く、男性では20~50歳代、女性では20歳代でその割合が最も高い。

また、男女合計の年齢階級層別では、20代では「ウェブサイト」と「ソーシャルメディア」が約3割、30代では「ウェブサイト」が3割で「ソーシャルメディア」が2割、40代では「ウェブサイト」が3割を占めており、ネット経由の比率が比較的高い。

食習慣改善の意思別にみると、男性は「改善することに関心がない」人では、「特にない」との回答が最も高く、「関心はあるが改善するつもりはない」「改善するつもりである(概ね6カ月以内)」「既に改善に取り組んでいる(6カ月以上)」では、「テレビ」の割合が最も高い。また、「近いうちに(概ね1カ月以内)改善するつもりである」「既に改善に取り組んでいる(6カ月未満)」「食生活に問題はないため改善する必要はない」人では、「家族」の割合が最も高い。女性は食習慣改善の意思の状況にかかわらず、「テレビ」の割合が最も高い。

食生活に影響を与えている情報源はどれですか1

食生活に影響を与えている情報源はどれですか

(出典:厚生労働省)

食生活に影響を与えている情報源はどれですか2

食生活に影響を与えている情報源はどれですか2

(出典:厚生労働省)

令和元年「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)

関連情報

令和元年「国民健康・栄養調査」の結果(厚生労働省)

この記事のURLとタイトルをコピーする

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

セミナー・イベント情報
このページのトップへ