スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

元気いなりプロジェクト第4回「横浜FCの選手が語る"パフォーマンスアップのための食生活"」

いなり寿司をアスリートの食堂に提供する「元気いなりプロジェクト」活動の第4回目は、前回に引き続き横浜FC選手の個別インタビューをお届けします。大学卒業後から現在まで横浜FCで活躍を続けるMF佐藤謙介選手(30)と、ユースから17歳でトップチーム入りしたことで話題になったFW斉藤光毅選手(18)に、パフォーマンスを上げるための食生活についてうかがいました。インタビュアは選手たちの栄養サポートを行っている株式会社LEOCの公認スポーツ栄養士・石川真由美さんです。

第4回 選手に聞く「パフォーマンスアップのための食生活」2
左から佐藤謙介選手と斉藤光毅選手

第4回「選手に聞くパフォーマンスアップのための食生活2」へ

佐藤謙介インタビュー(ダイジェスト)

横浜FC 佐藤謙介選手と公認スポーツ栄養士の石川真由美さん
佐藤謙介選手と公認スポーツ栄養士・石川真由美さん

ーー大学時代とプロになったときで食事の管理の方法は変わりましたか?

佐藤 もともと線が細くて、入団した頃の体重は今より7~8kg少なかったんです。やっぱり体重を増やさないとプロの世界では通用しないので、当時は身体をつくるために1日5食摂っていました。朝食、昼食、夕飯の前に1食、夕食、寝る前に1食という生活を繰り返していました。そして、このほかにもプロテインを使ったりしていました。

それと、大学のときはとにかく量を食べればいいと思っていましたが、横浜FCに入ってからはバランスが大事なことがわかりました。例えば、菓子パンやラーメンとか、炭水化物だけを摂っても効率が悪くて。身体をつくるためには、ほかの栄養素もバランス良く摂らなければならないことがわかるようになりました。

ーー学生時代はバランスのことはあまり考えなかった?

佐藤 食事が原因なのかはわかりませんが、体調を崩すこともありましたし。ただ、横浜FCに入ってから、一つひとつ細かいことを気にするようになって、怪我しなくなったことはもちろん、体調を崩すこともなくなりました。やっぱり成果が結果に出ているので続けなきゃと。続けないとダメなんだなと思うようになりました。

ーー好き嫌いはありますか?

佐藤 昔は野菜が苦手でしたけれど、年齢を重ねるにつれて嫌なこともやっていかなくてはと思うようになって(笑) 食事のことは特に。だから好き嫌いせずに食べるようになりました。チームにいると自分で何かを考えたり準備したりする必要もなくて、すでに栄養バランスの考えられたものが揃っていて、出されたものを食べていくだけで良いので、ある意味すごく楽です。こうった環境で、嫌いだから食べない、という選択もできてしまうのですが、今はそうせずに、好き嫌いせずに食べることをしっかりやっています。

ーープロフェッショナルですね

佐藤 ここにいると、カズさん(三浦知良選手)をはじめ諸先輩方が率先して示してくれているので。若い選手とか、僕もそうですけれど、しっかりやらなきゃいけないなと思うようになります。

ーーすごいお手本がいらっしゃるから

佐藤 そうですね。お手本がたくさんいるぶん、そういうことがやりやすいです。

爽やか風味&具沢山の「梅ロールいなり」

爽やか風味&具沢山の「梅ロールいなり」

本日のいなりは「梅ロールいなり」。梅干しの酸味を活かすために、すし酢ではなく梅酢を使いました。いなりや玉子焼きの甘みがあるため、砂糖はやや少なめで作ると爽やかな酸味と甘味のバランスが取れます。間にはさんだ焼き海苔と玉子焼きが見栄えを良くしてくれ、お弁当の一品としてもおすすめです。やや幅をもたせてカットすると崩れにくくなります。

「梅ロールいなり」のレシピはこちら

そして、佐藤選手、斉藤選手にLEOC食堂で好きなメニューをうかがったところ、おふたりとも「カレー!」とのことでした。石川さんによると、カレーといっても普通のカレーとドライカレーがあり、どちらも選手やスタッフの皆さんから大好評で、カレーの日はご飯がものすごく減っていくそうです。そこで、今回は「番外編」として、横浜FCの選手やスタッフの皆さんが大好きな"鶏ひき肉のドライカレー"のレシピを特別にご紹介します。選手が待ち望むカレーとはどんなカレーなのか。ご紹介しているアレンジいなり寿司とともに、ご家庭でもお試しください。

次回は、日本体育大学ウェイトリフティング部を訪問!大学アスリートの食生活を拝見します。お楽しみに!

元気いなりプロジェクトについて

一般社団法人日本スポーツ栄養協会の「スポーツ栄養で元気づくり推進委員会」がお届けする元気づくり活動の第一弾としてスタートしたプロジェクト。糖質・たんぱく質・脂質がとれる「いなり寿司」を、手軽にエネルギーチャージできる 補食としてアスリートにお勧めしていきたいということで、味つけいなりを製造販売するみすずコーポレーションと受諾給食会社であるLEOCが連携し、アスリートが集う食堂や全国の社員食堂、学生寮のメニューに積極的に加えていこうという活動です。

いなり寿司でエネルギーチャージ!「元気いなりプロジェクト」がスタート

元気いなりプロジェクトへ

主 催
一般社団法人日本スポーツ栄養協会
株式会社LEOC
株式会社みすずコーポレーション

協 力
横浜FC
株式会社横浜フリエスポーツクラブ

スポーツ栄養で元気づくり推進委員会

一般社団法人日本スポーツ栄養協会(理事長・鈴木志保子)は、スポーツ栄養を通じて日本人の元気づくりを支援する「スポーツ栄養で元気づくり推進委員会」を発足し、国民のパフォーマンスアップを健康長寿や社会の活性化につなげていく全国活動を2019年度より実施しております。スポーツ栄養の普及により、元気な人を増やしたいという思いに賛同いただいた企業・団体様と連携し、元気づくりに貢献できる商品・サービスを活用しながら、様々な啓発活動を行います。

関連記事

スポーツ栄養WEB編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ