スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

加齢による筋力低下予防に期待 骨格筋の分化と再生にかかわるタンパク質を同定

サルコペニアや骨格筋関連疾患の治療に有効な可能性のある「R3hdml」というタンパク質が同定された。千葉大学、国際医療福祉大学、首都大学東京の共同研究によるもので、「EMBO reports」誌に論文発表されるとともに、千葉大学のサイトにニュースリリースが掲載された。

加齢による筋力低下予防に期待 骨格筋の分化と再生にかかわるタンパク質を同定

加齢に伴って骨格筋が萎縮することで筋肉量が低下する「サルコペニア」は、高齢者の日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)を著しく低下させる。超高齢化社会を迎えた日本では、サルコペニアの発生メカニズムの解明や治療法の確立が大きな課題となっている。

サルコペニアを発生させる原因はこれまで十分に明らかになっていなかったが、加齢に伴う骨格筋の再生能力の低下が発生メカニズムに関与していることはわかっている。また、骨格筋の再生には、骨格筋を構成する筋繊維の間に存在する「筋衛星細胞」の増殖と分化が大きな鍵を握っているとみられていた。

その詳細なメカニズムを探るため、研究グループはマウスを用いた実験を施行。その結果、骨格筋が分化・再生する時に、筋衛星細胞から「R3hdml」というタンパク質が一時的に分泌されることを突き止めた。また、この過程でR3hdmlの発現には、骨格筋分化のマスター制御因子である「MyoD」が制御機能を持つことがわかった。

加齢による筋力低下予防に期待 骨格筋の分化と再生にかかわるタンパク質を同定

(出典:千葉大学プレスリリース)

さらに、R3hdmlを欠損させたマウスでは、筋衛星細胞の増殖能が低下して骨格筋の構造に異常を来すことや、骨格筋の再生力が低下することが明らかになった。R3hdml欠損マウスにR3hdmlを与えることで、筋再生能力の低下を回復させることができることも確認された。

著者らはこの結果に関連して「今後、このR3hdmlの筋衛星細胞の増殖や分化を促すメカニズムをより詳細に解明することで、サルコペニアの新しい治療法の開発につながることが期待される」と述べている。

プレスリリース

加齢による筋力低下の治療に有効か 骨格筋の分化と再生に関わるタンパク質を同定(PR TIMES)

文献情報

論文のタイトルは「R3hdml regulates satellite cell proliferation and differentiation」。〔EMBO Rep. 2019 Sep 16:e47957〕

原文はこちら(EMBOpress)

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ