スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJ志保子塾2023 ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

世界アンチドーピング機構が2020年の規則違反報告を公開 新型コロナのため違反件数が半減

世界アンチドーピング機構(World Anti-Doping Agency;WADA)は5月29日、2020年のアンチドーピング規則違反報告書を公開した。2020年に確認された規則違反は935件であり、2018年の1,923件、2019年の1,914件などに比べて半減した。これはもちろん、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響によるもの。検査件数に対する規則違反と認定された割合は、例年と変化がなかった。

世界アンチドーピング機構が2020年の規則違反報告を公開 新型コロナのため違反件数が半減

2020年のアンチドーピング規則違反は千件弱で、例年から半減

世界アンチドーピング機構(WADA)によるこの報告書の発表は今回で8回目。2020年中に実施さたれ検査および調査の結果の報告。2020年には述べ14万9,758件のサンプルが収集・分析された。これらのうち、1,007件(0.67%)が有害と評価された(adverse analytical finding;AAF)。

分析結果が有害と評価された1,007件のAAFのうち、2021年1月31日までに、672件(66%)が制裁の対象と判定され、113件(11%)は治療使用特例(therapeutic use exemption;TUE)を含む正当な医学的理由があると判定された。また、138件(14%)は医学的理由以外の正当な理由があると判定された。4件(1%)は、競技者がアンチドーピング規則違反を犯していないことが証明され「制裁なし」となった。他の80件(8%)は継続審査中。

結果として、現時点で2020年に確認されたアンチドーピング規則違反は935件であり、91カ国、67種類の競技アスリートまたはサポートスタッフが関与していた。このうち、672件はアンチドーピング検査の結果が陽性であることから違反が見いだされ、他の238件のアスリート、および25件のサポートスタッフの違反は、規則違反に関する調査のエビデンスに基づき判定された。

COVID-19パンデミックの影響のため、規則違反の件数は例年に比べて半減した。ただし、検査件数に占める規則違反と判定された件数の割合は、例年と同等だった。

関連情報
世界アンチドーピング機構(WADA)が2019年の規則違反報告書と2020年のテスト件数を公開

規則違反の76%が男性アスリート

規則違反と判定された672件を性別にみると、男性508人(76%)、女性163人(24%)だった。

検体の分析結果が有害と評価された1,007件のAAFのうち、686件(68%)は競技会内で採取された検体から報告され、そのうち486件が違反と判定された。321件(32%)は競技とは別の機会に採取された検体から報告され、そのうち184件が違反と判定された。

違反判定の多かった上位10位の競技や国は以下のとおり。

表1 制裁措置アスリートが多い競技(上位10種目)
競技件数上位10種目に
占める割合
1陸上競技10716%
2自転車9414%
3重量挙げ8913%
4パワーリフティング8312%
5ボディービル7711%
6総合格闘技7411%
7フットボール6710%
8レスリング446%
9水泳264%
10ボクシング254%
表2 制裁措置アスリートが多い国(上位10カ国)
件数上位10カ国に
占める割合
1ロシア13530%
2インド5913%
3米国5713%
4イタリア4710%
5ウクライナ399%
6中国256%
7ブラジル235%
8フランス235%
9カザフスタン225%
10ルーマニア215%

ニュースリリース

2020年アンチドーピング規則違反報告書(世界アンチドーピング機構(WADA) )

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2024前期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
おすすめ記事
スポーツ栄養・栄養サポート関連書籍のデータベース
セミナー・イベント情報
このページのトップへ