スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

厚労省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 フレイル予防にも力点

厚生労働省はこのほど、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」の報告書をとりまとめ公表した。「日本人の食事摂取基準」は、健康増進法に基づき厚生労働大臣が定める、国民の健康の保持・増進を図る上で摂取することが望ましいエネルギー量と栄養素量の基準。5年ごとに改定しており、2020年版は今年度中に告示され、令和2年度から5年間用いる。

厚労省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」公表 フレイル予防にも力点

今回の改定の主要ポイント

活力ある健康長寿社会の実現に向けて

きめ細かな栄養施策を推進する観点から、50歳以上について、50~64歳、65~74歳、75歳以上と3段階に細分化し、年齢区分ごとの摂取基準を設定した。従来は50~69歳と70歳以上の2段階だった。

高齢者のフレイル予防の観点から、総エネルギー量に占めるタンパク質由来エネルギー量の割合(%エネルギー)を変更した。具体的には、65歳以上の目標量の下限を13%エネルギーから15%エネルギーに引き上げた。

若いうちからの生活習慣病予防を推進するため、以下の対応を行った。飽和脂肪酸、カリウムについて、小児の目標量を新たに設定。ナトリウム(食塩相当量)について、成人の目標量を0.5g/日引き下げるとともに、高血圧および慢性腎臓病(CKD)の重症化予防を目的とした量として、新たに6g/日未満を設定。コレステロールについて、脂質異常症の重症化予防を目的とした量として、新たに200mg/日未満に留めることが望ましいことを記載。

EBPM基づく政策立案

食事摂取基準を利用する専門職等の理解の一助となるよう、EBPM(evidence based policy making:根拠に基づく政策立案)推進のため、目標量のエビデンスレベルを対象栄養素ごとに新たに設定した。

目標値算定のエビデンスレベル

エビデンスレベル 数値の算定に用いられた根拠 栄養素
D1
介入研究又はコホート研究のメタ・アナリシス、並びにその他の介入研究又はコホート研究に基づく。
タンパク質、飽和脂肪酸、食物繊維、ナトリウム(食塩相当量)、カリウム
D2
複数の介入研究又はコホート研究に基づく。
D3
日本人の摂取量等分布に関する観察研究(記述疫学研究)に基づく。
脂 質
D4
他の国・団体の食事摂取基準又はそれに類似する基準に基づく。
D5 その他 炭水化物※1
  • ※複数のエビデンスレベルが該当する場合は上位のレベルとする。
  • ※目標量は食事摂取基準として十分な科学的根拠がある栄養素について策定するものであり、エビデンスレベルはあくまでも参考情報である点に留意すべきである。
  • ※1:炭水化物の目標量は、総エネルギー摂取量(100% エネルギー)のうち、タンパク質及び脂質が占めるべき割合を差し引いた値である。

(出典:「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書)

個別の改定事項や変更点、留意事項

食事摂取状況のアセスメントの方法と留意点

エネルギー摂取量の過不足の評価には、BMIまたは体重変化量を用いる。

食事調査によって得られる摂取量には必ず測定誤差が伴う。実施する食事調査について、より高い調査精度を確保するため、調査方法の標準化や精度管理に十分配慮するとともに、食事調査の測定誤差の種類とその特徴、程度を知ることが重要である。

食事調査の測定誤差で留意を要するのは、過小申告・過大申告と日間変動の二つである。このうち、出現頻度が高いのは過小申告で、中でもとくに留意を要するものはエネルギー摂取量の過小申告だ。

調査法や対象者によってその程度は異なるものの、エネルギー摂取量は日本人の集団平均値で男性 11% 程度、女性 15% 程度の過小申告が存在することが報告されている。

国民健康・栄養調査による 1 日間食事記録法によって得られた
平均エネルギー摂取量と推定エネルギー必要量(身体活動レベル II)の比較

国民健康・栄養調査による 1 日間食事記録法によって得られた平均エネルギー摂取量と推定エネルギー必要量(身体活動レベル II)の比較

(出典:「日本人の食事摂取基準」策定検討会報告書)

主な変更点と新設項目

50歳以上のタンパク質の目標量を変更(単位:%エネルギー)
50~64歳;14~20、65~74歳;15~20、70歳以上;同左。
17歳以下の飽和脂肪酸の目標量を新設(単位:%エネルギー)
3~5歳;10以下、6~7歳;同左、8~9歳;同左、10~11歳;同左、12~14歳;同左、15~17歳;8以下。
1歳以上のビタミンDの目安量を変更(単位:μg/日)
男 性
1~2歳;3.0、3~5歳;3.5、6~7歳;4.5、8~9歳;5.0、10~11歳;6.5、12~14歳;8.0、15~17歳;9.0、18~29歳;8.5、30~49歳;同左、50~64歳;同左、65~74歳;同左、75歳以上;同左。
女 性
1~2歳;3.5、3~5歳;4.0、6~7歳;5.0、8~9歳;6.0、10~11歳;8.0、12~14歳;9.5、15~17歳;8.5、18~29歳;同左、30~49歳;同左、50~64歳;同左、65~74歳;同左、75歳以上;同左。
3~5歳のカリウムの目標量を新設(単位:mg/日)
3~5歳;1,400以上。
3歳以上の鉄の推奨量を変更(単位:mg/日)
男 性
3~5歳;5.5(変更なし)、6~7歳;5.5、8~9歳;7.0、10~11歳;8.5、12~14歳;10.0、15~17歳;同左、18~29歳;7.5、30~49歳;同左(変更なし)、50~64歳;7.5、65~74歳;同左、75歳以上;7.0。
女性(月経なし)
3~5歳;5.5、6~7歳;同左、8~9歳;7.5、10~11歳;8.5、12~14歳;同左、15~17歳;7.0(変更なし)、18~29歳;6.5、30~49歳;同左(変更なし)、50~64歳;6.5、65~74歳;6.0、75歳以上;同左。
女性(月経あり)
10~11歳;12.0、12~14歳;同左、15~17歳;10.5(変更なし)、18~29歳;同左、30~49歳;同左、50~64歳;11.0。
※なお、妊娠中期の付加量は推定平均必要量が+8.0、推奨量が+9.5に変更された。
3歳以上の銅の推奨量を変更(単位:mg/日)
男 性
3~5歳;0.4(変更なし)、6~7歳;0.4、8~9歳;0.5、10~11歳;0.6、12~14歳;0.8(変更なし)、15~17歳;0.9、18~29歳;0.9(変更なし)、30~49歳;0.9、50~64歳;同左、65~74歳;同左、75歳以上;0.8。
女 性
3~5歳;0.3、6~7歳;0.4、8~9歳;0.5(変更なし)、10~11歳;0.6、12~14歳;0.8(変更なし)、15~17歳;0.7、18~29歳;同左、30~49歳;同左、50~64歳;同左、65~74歳;同左、75歳以上;同左。
※なお、18歳以上に設定されている耐容上限量は7に変更された。また、授乳婦の付加量は+0.6に変更された。
クロムの耐容上限量を新設(単位:μg/日)
18歳以上は耐容上限量が500。
生活習慣病予防とフレイル予防の区別
生活習慣病予防のための摂取量と、フレイル予防のための摂取量の基準を設定できる栄養素については、区別して示すように改められた。各栄養素摂取基準の表の脚注、または解説文中に記されている。

関連情報

「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書(厚生労働省)

この記事のURLとタイトルをコピーする

フレイルに関する記事

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

SNDJみんなで体験!サンプリングキャンペーン リポビタンショット for Sportsを体験しよう! 試飲後アンケート
セミナー・イベント情報
このページのトップへ