スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

地中海食に基づく栄養指導がランナーとキックボクサーに有効

地中海食に基づく栄養指導がランナーとキックボクサーに有効

運動と健康的な食事がヒトの生活・生存に好影響を与えることは論を俟たない。ただし近年、この2点の相乗効果は、体重管理や非感染性疾患の予防・管理の側面から語られることが多い。それに対し本研究は、地中海食をベースとする健康的な食生活が、身体的パフォーマンスに及ぼす影響を調査した、イタリアからの報告。具体的にはキックボクサーとランナーを研究対象としている。

イタリアの大学スポーツセンターから40名のスポーツ選手がエントリーされた。内訳は、20名がキックボクシング、20名がハーフマラソン。両者はそれぞれさらに10名ずつに分けられ、一方は栄養カウンセリング群とし被験者は栄養カウンセリングに従うよう指示され、もう一方はコントロール(対象)群とされた。

ベースラインにおいて、ハーフマラソンランナーはキックボクサーと比較して、VO2maxが高く、安静時代謝率は低かった。

3カ月間の介入後、栄養指導を受けた群のキックボクサーでは対照群に比し、カウンタームーブメントジャンプ(腕の動作を制限した条件でのジャンプ)と、スクワットジャンプ(膝を曲げた姿勢から反動を使わずにジャンプする垂直とび)記録の有意な向上がみられた(それぞれ、p=0.015、p=0.012)。さらに体脂肪率の有意な減少も認められた(p=0.008)。

一方、栄養指導を受けたハーフマラソンランナーも、有意なVO2maxの増加と体脂肪率の減少が観察された(それぞれ、p=0.007、p=0.002)。カウンタームーブメントジャンプやスクワットジャンプも、対照群に比し向上していた。

3カ月間の介入によって全グループのアスリートで有意な向上が達成されていたが、トレーニングと栄養カウンセリングを受けた群は、その効果が最大化されていた。

文献情報

原題のタイトルは、「The benefits of nutritional counselling for improving sport performance」。〔J Sports Med Phys Fitness. 2019 Jun 18〕

原文はこちら(PubMed)

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ