スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJ志保子塾2022 ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

世界アンチドーピング機構WADAが最新の禁止物質リストを公開 2024年からトラマドール禁止に

世界アンチドーピング機構(World Anti-Doping Agency;WADA)は9月29日、2023年の禁止物質リストを公開した。2023年の変更点は比較的限定的だが、2024年には、鎮痛剤であるトラマドールの競技期間の使用が禁止されることも示され、「とくに注目すべき点」としてアナウンスされている。WADAは、これらの変更に関する情報について、アスリート本人とコーチなどのスタッフ、およびすべての利害関係者が注意するよう呼び掛けている。

世界アンチドーピング機構(WADA)が2023年禁止物質リストを公開 2024年からはトラマドール禁止

主な変更点(抜粋)

2023年の禁止物質リストは、2021年9月23日にWADAの執行委員会(executive committee;ExCo)で承認された。2023年1月1日に発効する。2023年の変更点は比較的限定的で、以下に一部を抜粋する。なお、詳細はWADAのサイトで確認のこと。

常に禁止される物質・方法(抜粋)

  • すでに禁止されている物質をより明確に文書化するため、一部の選択的エストロゲン受容体調節薬(SERM)の名称をリストに追加。
  • 一部の国で動物の成長促進剤として承認されているβアドレナリン作動薬であるラクトパミンをリストに追加。
  • ミオスタチンの前駆体の抗体であるapitegrom(アピテグロマブ)を追加。
  • 炭酸脱水酵素阻害剤(緑内障治療薬。ドルゾラミド、ブリンゾラミンなど)の局所眼科投与、また歯科麻酔におけるフェリプレシンの局所投与には、治療的使用の免除が必要ないことが明確にされた。
  • 鎌状赤血球症治療薬のvoxelotor(ボクセロトール)が動脈血酸素飽和度を高め得る薬剤の例としてリストに追加。

競技会で禁止される物質・方法(抜粋)

  • イミダゾリン誘導体、グルココルチコイドの耳への投与は禁止されていないことが明確にされた。
  • トラマドールが身体能力を向上させる可能性が示されているため、2023年禁止リストの草案で提案された。ただし、情報の周知徹底のため、禁止は2024年から。詳しくは後述。

特定のスポーツで禁止される物質(抜粋)

  • 世界ミニゴルフ連盟の要請により、β遮断薬が禁止されるスポーツとしてミニゴルフを含めることが合意された。

2024年からは競技期間中のトラマドール使用が禁止に

今回の発表では2023年からの変更点に加え、2024年からトラマドールが禁止されることが強調してアナウンスされている。

トラマドールは、数年前からWADA監視プログラムが調査対象としてきており、自転車、ラグビー、サッカーなどのスポーツで使用頻度が高いという。トラマドールの乱用は、用量依存的な身体依存や中毒が懸念されており、多くの国で何らかの規制がなされている。また、WADAが資金提供した調査研究では、トラマドールがスポーツパフォーマンスを向上させる可能性が確認された。

これらの結果、2022年5月段階で策定された2023年からの禁止リスト草案に盛りこまれ、9月23日の執行委員会(ExCo)会議で、競技期間中のトラマドールの使用禁止が承認された。ただし、この規則の変更を広く伝達し、情報と教育のための十分な時間を確保するために、禁止は2024年1月1日からとされた。

本年11月中には、トラマドール禁止に関するアスリートおよびサポートスタッフ、医療専門家向けのファクトシートの公開が予定されている。

WADAのOlivier Niggli事務局長は、「WADAは科学的研究をレビューし、最新のドーピングの傾向を調査して、リストへの追加基準を満たす可能性のある新規または既存の物質・使用方法を確実に検討し、アスリートの健康と世界中のクリーンスポーツの完全性を保持する。世界中のスポーツ関連団体は、2024年に発効するトラマドールの使用に関する重要な最新情報を、関係者と共有してほしい」と述べている。

関連情報:世界アンチドーピング機構(WADA)

WADA publishes 2023 Prohibited List(プレスリリース)
主要な変更の概要と注釈

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2022後期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
日本スポーツ協会「サプリメントの認識と利用に関するアンケート調査」にご協力ください
おすすめ記事
スポーツ栄養・栄養サポート関連書籍のデータベース
セミナー・イベント情報
このページのトップへ