スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

WADAが2018年のアンチドーピング規則違反レポートを公表 前年比6.5%増の1,923件

世界アンチ・ドーピング機関(World Anti-Doping Agency;WADA)は12月10日、「アンチ・ドーピング規則違反(Anti-Doping Rule Violations;ADRVs)」の2018年のレポートを刊行した。同レポートの刊行は6回目。2018年の1年間に1,923件の違反が確認され、これは前年の2017年の1,804件から6.5%増。なお、2017年もその前年の2016年比で13%増だった。

WADAが2018年のアンチドーピング規則違反レポートを公表 前年比6.5%増の1,923件

有害判定率は1%。判定後に6割が制裁、1割は保留

2018年には、アンチ・ドーピング機関(Anti-Doping Organizations;ADOs)によって、26万3,519件の検体が収集された。分析により、このうち2,771件(1%)が有害(Adverse Analytical Findings;AAFs)と判定された。

2,771件のうち、2020年3月2日時点で1,640件(59%)は規則違反と裁定され制裁措置がとられた。333件(12%)は、正当な医学的理由が認められた。381件(14%)は、医学的理由以外の正当な理由が認められた。101件(4%)は、アスリートが免罪され「制裁なし」となった。316件(11%)は保留中だった。

種目ではボディービル、国籍ではロシアが最多

2020年3月2日時点で制裁措置がとられた1,640件は、男性アスリートが1,269人(77%)、女性アスリートが371人(23%)だった。競技種目は92種目、国籍は117カ国だった。

競技種目と国籍の上位10位は以下のとおり。

制裁措置アスリートが多い競技(上位10種目)
順位 競技 件数 上位10種目に
占める割合(%)
1 ボディービル 261 20.5
2 自転車 221 17.3
3 体操 193 15.1
4 パワーリフティング 164 12.9
5 ウエイトリフティング 157 12.3
6 レスリング 67 5.3
7 ラグビー 57 4.5
7 ボクシング 57 4.5
9 フットボール 56 4.4
10 水泳 39 3.0
制裁措置アスリートが多い国(上位10カ国)
順位 件数 上位10カ国に
占める割合(%)
1 ロシア 144 16.3
2 イタリア 132 15.0
3 フランス 114 12.9
4 インド 107 12.1
5 ウクライナ 78 8.9
6 アメリカ 73 8.3
7 ベルギー 65 7.4
8 中国 63 7.2
9 ブラジル 54 6.1
10 カザフスタン 51 5.8

関連情報

WADA publishes Anti-Doping Rule Violations Report for 2018(WADA)

この記事のURLとタイトルをコピーする

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

セミナー・イベント情報
このページのトップへ