スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

余暇時間の身体活動に応じて死亡リスクがより低下する

2019年04月23日

余暇時間に行う適度な身体活動と健康増進との関連は豊富なエビデンスがあるが、どの程度の身体活動まで有益性が得られるのかは明らかになっておらず、弊害があるとする報告もある。こうした中、身体活動は多ければ多いほど好影響を及ぼす可能性が、米国の成人8万8,140人を対象とするコホート研究(追跡期間中央値9.0年)から示された。

余暇時間の身体活動に応じて死亡リスクがより低下する

週に10分から1時間未満のウォーキングや庭いじり等をするだけでも、それらをしない人に比べて全死亡リスクが有意に低下していた(ハザード比0.82)。身体活動時間が週に150~299分の場合は全死亡リスクのハザード比(HR)0.69、さらに1,500分以上というガイドイランが推奨する最小値の10倍以上の運動量でもHR0.54となり、身体活動量が多いほど全死亡のリスクがより低下する関係が認められた。

死因別にみた場合、がん特異的死亡率は、週あたりの身体活動時間が10~59分でHR0.86、60~149分で0.84、150~299分で0.76、300~449分で0.85、450~799分で0.71、800~1499分で0.65、1500分以上で0.53であり、段階的に低下していた。一方、心血管特異的死亡率は同順に0.88、0.76、0.63、0.64、0.64、0.74、0.67で、5時間より多い場合のさらなるリスク低下は認められなかった。

著者らは、本研究が観察研究であることから因果関係を述べることはできないという限界に触れつつ、「余暇時間により高い身体活動をすることが、さらなる健康上の利益につながる可能性がある」と結論している。

原題のタイトルは「Beneficial associations of low and large doses of leisure time physical activity with all-cause, cardiovascular disease and cancer mortality: a national cohort study of 88,140 US adults」。〔Br J Sports Med. 2019 Mar 19.〕

関連情報

British Journal of Sports Medicine

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト

“おいなりさん(いなり寿司)“はいつも元気の味方! 手軽にエネルギーチャージできるいなり寿司をスポーツ栄養に活用する「元気”いなり”プロジェクト」(全7回)がスタートしました

SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ