スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJ志保子塾2022 ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

米国FDAが食品パッケージに「Healthy」と強調表示できる条件を改訂

米国食品医薬品局(Food and Drug Administration;FDA)は9月28日、食品のパッケージに「Healthy(ヘルシー)」と強調表示してよい場合の条件を改訂することを発表した。提示された新たな規則は、現在の栄養学と現在の米国人のための食事ガイドラインと、整合性のあるものとなる。

米国FDAが食品パッケージに「Healthy」と強調表示できる条件を改訂

「健康的な食品」とは何かを知らない人が多すぎる

米国人の8割以上が、野菜、果物、乳製品を十分摂取しておらず、砂糖、飽和脂肪酸、塩分を過剰に摂取している。FDAが提示した規則は、消費者が栄養と食事パターンを改善して慢性疾患の負担を軽減し、健康の公平性を向上させるのを支援するという国家的な継続的政策の一部。米国保健福祉省(Department of Health and Human Services;HHS)長官のXavier Becerra氏は、「栄養は我々の国の健康を改善するための鍵である。健康的な食事は、慢性疾患のリスクを下げることができる。しかし、健康的な食品とは何かを知らない人が多すぎるのではないか。FDAの取り組みは、より多くの米国人が、教育を受けて健康状態を改善し、健康格差に取り組み、命を守るために役立つだろう」と述べている。

食事ガイドラインとの整合性

新たな規則のもとでは、米国農務省(USDA)・保健福祉省(DHHS)の「米国民向け食事ガイドライン」で推奨されている多くの食品で、「Healthy」と強調表示が可能になる。例えば、ナッツや種子、サーモンなど脂肪分の多い魚などだ。サーモンなどの脂肪分の多い魚はこれまで、「脂肪分が多い」ということのために健康的との強調表示はできなかった。しかし今日、魚の脂肪分、魚油は健康的な栄養素を含むことが広く知られている。

「心血管疾患や2型糖尿病などの発症や病状に食習慣が関連する慢性疾患は、米国における死亡と障害の主要な原因であり、人種/民族的マイノリティーに不当な影響を与えている」と、FDAコミッショナーのRobert M. Califf氏は述べている。そして、今回の決定について、「これは、消費者がより健康的な食事を選択し、また健康的な食習慣を早期に確立するための情報を提供することを含む、多くの栄養関連の優先事項を達成するための重要なステップだ。さらに、より健康的な食品の供給にもつながる可能性がある」と述べている。

「Healthy」表示のための要件

新たな定義のもとでは、食品パッケージに「Healthy」という表示付けをするには、以下の対応が求められる。

  • 「米国民向け食事ガイドライン」で推奨されている食品群、またはサブグループ(果物、野菜、乳製品など)から、少なくとも一つから一定量の食品を含む。
  • 飽和脂肪酸、ナトリウム、添加糖など、特定の栄養素については、それぞれに定められた制限を遵守する。
  • 制限のしきい値は、栄養素の1日あたり摂取量(daily value;DV)に基づいており、食品や食品群によって異なる。ナトリウムの制限は、1食分あたりDVの10%(230mg)。
  • 例えば、シリアルには3/4オンスの全粒穀物が含まれ、飽和脂肪酸が1g以下、ナトリウムが230mg以下、添加糖は2.5g以下である必要がある。

Healthyな食品に該当することを表すシンボルを開発中

今回の規則改訂の背景について、FDA食品安全応用栄養センターのディレクターであるSusan Mayne氏は、「健康的な食事パターンは、健康の改善と関連がある。しかし、大半の人の現在の食事パターンは、現在の食事の推奨事項と一致していない」と話す。そして、今回の規則改訂にあわせて、一部の食品メーカーがこの規則に則した商品ラインナップに再構成する場合(例えば、基準を満たすために野菜や全粒穀物を追加するなど)、社会への健康的な食品供給を促進するのに役立つ可能性があるとしている。

なお、FDAでは製造業者が自社の製品が「Healthy」表示基準を満たしていることを示すために使用できる、シンボルを開発していることも明らかにした。そのシンボルは、消費者が忙しい生活のなか、短時間で健康的な製品を素早く見つけることのできるシグナルとして機能することが期待される。

このほか、FDAでは、保護者が子どもたちの健康的な食事に関する最新の推奨事項を認識するための、再教育を受けられる機会を確保する取り組みについて、近々発表する予定とのことだ。

関連情報

FDA Proposes Updated Definition of ‘Healthy’ Claim on Food Packages to Help Improve Diet, Reduce Chronic Disease(米国食品医薬品局)

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2022後期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
日本スポーツ協会「サプリメントの認識と利用に関するアンケート調査」にご協力ください
おすすめ記事
スポーツ栄養・栄養サポート関連書籍のデータベース
セミナー・イベント情報
このページのトップへ