スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

【参加者募集中】オランダフードバレー・無料オンラインイベント 「 個別栄養管理~スポーツ界で成功するための原動力」のご案内

オランダ大使館では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に先立ち、2021年6月7日から「チームNL・東京エクスポ(TeamNL Tokyo Expo)」と銘打ったデジタルエクスポを開催中です。

デジタル・エクスポとは、オランダ国立スポーツセンター「Papendal」が、パートナー企業や団体と企画・運営するバーチャルイベント空間。この場所では、両国にとって喫緊の課題である食料・水・エネルギーの連環(ネクサス)、ハイテク・イノベーション、バイタリティをテーマとする経済・金融・商業・農業・文化・イノベーションなど、多岐にわたる分野のオンラインイベントが行われます。

特に6月24日(木)は、農業分野のイベントのひとつとして、スポーツと栄養に焦点を当てたフードバレー主催のオンラインイベント「Personalized Nutrition as a driver for sports success/Personalized Nutrition( 個別栄養管理 ~スポーツ界で成功するための原動力)」を開催。日本とオランダにおけるスポーツと個別栄養管理の現状やビジネスとしての展望について、両国のゲストスピーカーが講演します。

スポーツ選手とのライブインタビューでは、オリンピック柔道・金メダリストのマルク・ハイジンハ(Mark Huizinga)氏やサッカー元日本代表/元オランダ一部リーグ所属(フィテッセ、ADOデン・ハーグ)のハーフナー・マイク(Mike Havenaar)氏が登場。

さらに一般社団法人日本スポーツ栄養協会・鈴木志保子理事長も登壇し、日本のスポーツ栄養や同協会活動などについて紹介する予定です。全編英語でのイベントとなりますが、ご関心ある方はぜひ、無料視聴できますのでご参加ください。

開催要項

日時
2021年6月24日(木)15:15-18:00(日本時間)/08:15-11:00(オランダ時間)
主催
オランダフードバレー
協賛
オランダ企業庁、オランダ王国大使館、オランダ東部開発機オーストNL、Eat2Move、オランダ国立スポーツセンターPapendal、ワーヘニンゲン大学研究所、OnePlanetリサーチセンター
開催趣旨
個別栄養管理(Personalized Nutrition)とスポーツの関連性、可能性に焦点を当て、双方の相関を示す示唆に富んだ事例を紹介しながら、個別栄養管理分野におけるオランダと日本のビジネスの提携を促し、参加者のネットワーク拡充に資することを目的としています。
参加対象者
日蘭企業、知識研究機関、 スポーツと栄養を中心に個別栄養管理分野でのイノベーション、業務協力をサポートする組織、団体、政府機関、個人など(どなたでも参加OK)
使用言語
英語(日本語の通訳はありません)
参加費用
無料
視聴方法
参加登録後、主催者よりアクセス方法をお知らせいたします。
お申し込み

以下の参加登録フォームからお申込みください。氏名、メールアドレス、所属などを記載して送信すると、登録アドレス宛に参加チケットが送られてきます。

参加登録フォーム(Registrations)

プログラム

オランダフードバレーのウェブ上に最新プログラムが掲載されています。

プログラム

以下の登壇者による挨拶、講演を予定(敬称略)

15:30-15:35
主催者・イベント議長挨拶
オランダフードバレー グローバルエコシステム開発/オランダ・オリンピック トレーニングセンターPapendal イノベーションマネージャー
イェルン・バウター
15:35-16:10
「オランダと日本における個別栄養管理の必要性と進展事例」
駐日オランダ王国大使 ペーター・ファンデルフリート
(国研)農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構) 理事長 久間 和生
(一社)日本スポーツ栄養協会理事長/東京2020組織委員会飲食戦略検討委員 鈴木 志保子
オランダフードバレー 食品・健康イノベーションリード ユディット・ファンデルホルスト
16:10-16:40
「サイエンスからビジネスへ」
ワーヘニンゲン大学研究センターヒューマン・ニュートリション教授/Eat2Move レンガー・ウィトカンプ
(国研)農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)食品研究部門 食品健康機能研究領域 領域長 小堀 真珠子
16:40-17:10
「企業プレゼンテーション」
オランダと日本の食品関連企業によるプレゼン
*日本/不二製油、サントリー、三菱商事ライフサイエンス
 オランダ/Protifarm、Happ、Scelta 
17:10-17:50
「パーソナライズされた栄養管理の今後の展望」(日蘭スポーツ選手とのライブインタビュー)
One Planet研究所代表 クリス・ファンホーフ
オリンピック金メダリスト/国際柔道連合指導者・審判/柔道家 マルク・ハイジンハ
サッカー元日本代表/元オランダ一部リーグ所属(フィテッセ、ADOデン・ハーグ)/社会人リーグ所属 ハーフナー・マイク
17:50-18:00
閉会の挨拶
オランダ王国大使館農務参事官 エバートヤン・クライエンブリンク

「TeamNL Tokyo Expo」 今後のイベントプログラム

視聴する際は、テーマごとに参加登録が必要です。
  • 6月17日 JAPAN | HEALTH~HOLLAND DIGITAL MEET-UP
  • 6月22日 ROBOTICS & AI FOR DATA-DRIVEN HORTICULTURE AND AGRICULTURE
  • 6月24日 PERSONALIZED NUTRITION AS DRIVER OF SPORT SUCCESS
         WEBINAR CIRCULAR PLASTICS
  • 6月29日 A MORE SUSTAINABLE JAPANESE CHEMICAL SECTOR
  • 6月30日 THE FUTURE OF NETHERLANDS-JAPAN REAL ESTATE
  • 7月1日 WEBINAR CIRCULAR MANUFACTURING
  • 7月6日 ROUNDTABLE CIRCULAR ECONOMY
  • 7月8日 NETHERLANDS-JAPAN LAUNCH EVENT QUANTUM-PHOTONICS-NANOTECH
  • 7月9日 VAN GOGH & JAPAN
TeamNL Tokyo Expo ウェブサイト
 下記より登録するとアカウントが発行されます。
 TeamNL Tokyo Expo 参加登録フォーム

オランダフードバレー(Foodvalley)とは

オランダの食関連企業と「知」が集積したエリアの総称「フードバレー」におけるシーズとニーズのマッチングを促進する機能を担う機関として2004年に設立。本拠地はワーヘニンゲン大学。 産官学が協働して設立した研究機関、大学、企業及び企業同士のネットワークを構築するプラットフォームを提供し、オープン・イノベーションを通じオランダのみならずEU全般の農業・食品分野の「知」の集積を働きかけることをミッションとしています。世界の食品関連企業約150社が財団会員となっており、日本の食品企業も10数社加盟。ワーヘニンゲンには、世界各国から1,500を超える食品、化学関連企業が集積した一大食品研究開発拠点である「フードバレー」が形成されています。

お問い合わせ

オランダ王国大使館 農務部 tok-lnv@minbuza.nl
https://www.orandatowatashi.nl/

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2021前期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

おすすめ記事
セミナー・イベント情報
このページのトップへ