スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

神経性やせ症に腸内細菌叢の異常が関与 新たな栄養療法の可能性

神経性やせ症の病態に腸内細菌叢の異常が関与していることが報告された。九州大学と東海大学のグループによる共同研究の成果で、米国内分泌学会雑誌「Endocrinology」に論文がオンライン公開されるとともに、九州大学のサイト内にプレスリリースが掲載された。

神経性やせ症に腸内細菌叢の異常が関与 新たな栄養療法の可能性

ダイエットなどをきっかけに発症する神経性やせ症は、極度の低体重になってしまう病気で、時に致死的な状態になることもある。有効な治療法が限られており、病態の解明や新たな治療法の開発が急がれている。これまでの研究で、神経性やせ症では腸内細菌叢に異常があることが知られていたが、その異常が病態にどのように影響するかについては不明だった。

研究グループでは、無菌マウスにヒトの糞便を移植するという実験を行った。神経性やせ症の女性患者の糞便と、健常女性の糞便を用いてそれぞれを移植し、ヒト型の腸内細菌叢をもつ人工菌叢マウス(やせ症型マウスと健常型マウス)を作製。これらのマウスの体重増加率を経時的に測定し、また行動特性を評価した。

行動特性は、「ガラス玉覆い隠し試験」という実験により評価した。これは、マウスの不安様行動(特に強迫行動)を調べる方法。敷き詰めた床敷きの上に置いた20個のガラス玉を、マウスが20分間に覆い隠した個数を数えるもの。隠した数が多いほど、不安様行動(強迫性)が高いと判定する(写真)。

神経性やせ症に腸内細菌叢の異常が関与 新たな栄養療法の可能性
(出典:九州大学プレスリリース)

結果について、まず体重の変化をみると、やせ症型マウスは健常型マウスと比べて体重増加が不良だった(左図)。次に行動特性に関しては、やせ症型マウスは不安様行動が多いことがわかった(右図)。

神経性やせ症に腸内細菌叢の異常が関与 新たな栄養療法の可能性
左図:4週齢の体重を100%としたときの体重増加率(下の数字は週齢)。やせ症型マウスは体重が増えにくい 右図:不安様行動を評価する「ガラス玉覆い隠し試験」で隠した個数。やせ症型マウスは不安様行動が高い
(出典:九州大学プレスリリース)

また、やせ症型マウスではバクテロイデス属というグループの腸内細菌が減少しており、同じグループの腸内細菌を投与すると不安様行動が正常化することがわかった。

神経性やせ症の低体重期では、食物効率が低い(体重増加のために多くの食物摂取を必要とする)、精神症状(強い不安や強迫性)を合併することが知られている。研究者らは「今回の結果は、これら神経性やせ症に特徴的な病態の一端を明らかにするとともに、体重増加を目的とした新たな治療法の開発に寄与するもの」と述べている。また、今回の実験の手法について、「ヒト型の人工菌叢マウスを作製する際、凍結糞便ではなく新鮮糞便を使用し。その結果、マウスの腸内細菌叢が、凍結糞便を用いた場合と比べ、ドナーの腸内細菌叢に近似しており、よりヒトに近い動物モデルを作製することができた」と語っている。

腸内細菌叢の異常が神経性やせ症の病態に関与―新たな栄養療法の可能性―(九州大学プレスリリース)

文献情報

論文のタイトルは「The gut microbiome derived from anorexia nervosa patients impairs weight gain and behavioral performance in female mice」。〔Endocrinology. 2019 Oct 1;160(10):2441-2452〕

原文はこちら(Oxford University Pres)

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ