スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

座っているのは寝ているのと同じ エネルギー消費が増える姿勢は立位だけ

2019年06月26日

メタボリックシンドロームや肥満、2型糖尿病など、多くの生活習慣病には消費エネルギー量が不足していることが関連している。消費エネルギー量を増やす最も簡単な方法として、座りがちな生活を改善することが以前から提案されてきた。では、座っている時と立っている時で、消費エネルギー量にどの程度の差があるのだろか。この疑問に答える研究成果が発表された。

座っているのは寝ているのと同じ エネルギー消費が増える姿勢は立位だけ

研究の対象は18~25歳の若年成人55名。平均年齢は21.8±2.3歳で、女性が38名(69%)、BMIは25.2±4.8。喫煙者や何らかの急性または慢性疾患の罹患者、薬物療法中の者、妊娠中の女性は除外された。

試験参加者は消費エネルギー量計測の48時間前から運動を控えるように指示され、24時間前からはカフェインや栄養補助食品の摂取を禁止され、さらに5~6時間の絶食後に計測が施行された。消費エネルギー量は、呼気(吐く息)中の酸素と二酸化炭素濃度から推計する間接熱量測定法により測定した。

さて、結果だが、臥位(寝た姿勢)での消費エネルギー量は1分間あたり1.20±0.24kcal、座位(座った状態)では1.19±0.22kcalで、臥位と座位に有意差はなかった。つまり、座っているのは寝ているのと同じと考えられた。一方、立位(立った状態)での消費エネルギー量は1分間に1.32±0.29kcalに及び、これは臥位や座位に比べて有意に高い値だった(p<0.001)。このほか、心拍数については、臥位、座位、立位の順に高くなり、各群間に有意差が認められた。

結論として、立っている時間を増やすことは確かに消費エネルギー量を増やすことに有効であると考えられた。立ち時間を増やすことが実際にメタボリックシンドロームや肥満、2型糖尿病などの予防・改善につながるのか、今後の研究の成果が待たれる。

文 献

原題のタイトルは、「Energy expenditure differences across lying, sitting, and standing positions in young healthy adults」。〔PLoS One. 2019 Jun 12;14(6):e0217029〕

Energy expenditure differences across lying, sitting, and standing positions in young healthy adults(PLoS One)

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト

“おいなりさん(いなり寿司)“はいつも元気の味方! 手軽にエネルギーチャージできるいなり寿司をスポーツ栄養に活用する「元気”いなり”プロジェクト」(全7回)がスタートしました

SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ