スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

長距離・超長距離ランナーの消化器症状、摂取栄養素と関連ある?

長距離ランナーにとって常に付きまとう不安と言えば、腹痛などの消化器症状。そのせいで思うようにトレーニングを進められなかったり、本番で実力を十分に発揮できない人も少なくない。問題が消化器に生じる症状であるからには、摂取栄養素、つまり食べたり飲んだりしたものが関係しているのかもしれず、だとすれば栄養介入の可能性が考えられる。

長距離・超長距離ランナーの消化器症状、摂取栄養素と関連ある?

そこで今回紹介する文献は、マラソン、および、60km、120kmという長距離レースにおいて、競技中・競技後に生じた消化器症状を、Webベースのアンケートで回収し、症状発現と関連する要素を検討したオランダからの報告だ。Webでの募集に対し252件のデータが収集された。内訳はマラソンが177件、60kmが64件、120kmが11件。すべてのランナーから、競技中および競技終了後12時間以内に発生した消化器症状、その他の愁訴を集め、消化器症状に関しては、1点(問題なし)から10点(経験したことのないひどさ)の間で点数化し回収した。このうち2~4点を軽度、5点以上を重度と定義した。

登録者の背景をみると、年齢は平均43歳、走行速度は平均9.9kmで、平均記録はマラソンが4時間16分、60kmが5時間50分、120kmが12時間30分。120kmランナーは他のカテゴリーよりやや高齢だが有意差はなかった。

さて、気になる結果だが、まず競技中の愁訴をみると、全ランナーの実に89.3%が何らかの症状を訴え、49.0%は1つ以上の重度症状を訴えていた。愁訴のあった割合を走行距離別にみると、マラソンでは87.8%、60kmでは90.7%、120kmでは100%だった。消化器症状に関しては、120kmランナーはマラソンランナーに比して有意に高く、一方、120kmと60kmランナー、およびマラソンと60kmランナーの間には有意差がなかった。

競技後の愁訴に関しては、70.6%が消化器症状その他を訴えていた。このうち消化器症状に関しては、マラソンランナーの72.0%、120kmランナーでは87.5%が訴えており、両者に有意な群間差が認められた。120kmと60kmランナー、およびマラソンと60kmランナーの間には有意差がなかった。

全ランナーのエネルギー摂取量の平均は200kcal/時、平均水分摂取量は358m/時、炭水化物摂取量は42.1g/時だった。これらの中で、60kmランナーの炭水化物摂取量がマラソンランナーに比して有意に高かった(51.6g/時 vs 41.4g/時,p=0.042)ことを除き、走行距離による有意差は認めなかった。

結果的に、競技中・競技後の消化器症状と摂取栄養素との間に明確な関連性は認められなかった。結論として、摂取栄養素の偏りは、長距離走に伴い高頻度に発生する消化器症状に影響を与える要因の一つであるにとどまる可能性が示唆された。

文 献

原題のタイトルは、「Gastrointestinal Complaints and Correlations with Self-Reported Macronutrient Intake in Independent Groups of (Ultra)Marathon Runners Competing at Different Distances」。〔Sports (Basel). 2019 Jun 7;7(6)〕

Gastrointestinal Complaints and Correlations with Self-Reported Macronutrient Intake in Independent Groups of (Ultra)Marathon Runners Competing at Different Distances(MDPI)

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト

“おいなりさん(いなり寿司)“はいつも元気の味方! 手軽にエネルギーチャージできるいなり寿司をスポーツ栄養に活用する「元気”いなり”プロジェクト」(全7回)がスタートしました

SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ