スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

カフェインのエルゴジェニック効果に関するアンブレラレビュー

運動パフォーマンスに対するエルゴジェニックエイドとしてカフェインは長い歴史をもつサプリメントであり、2004年にドーピング禁止物質のリストから削除されて以降、アスリートの間でより一般的になっている。しかしカフェインの効果に関するメタアナリシスからは、その結果に一貫性がみられない。そこで本論文の著者らは、メタアナリシスのさらなる系統的レビューであるアンブレラレビューを行い、より包括的な検討を試みた。

カフェインのエルゴジェニック効果に関するアンブレラレビュー

カフェイン、運動、トレーニング、身体能力等のキーワードで検索しヒットした論文から、11件の論文(21件のメタアナリシスを含む)がレビュー対象となった。それらはいずれも査読のあるジャーナルに掲載されたものだった。ほとんどの研究は若年男性を対象とするものだった。

カフェイン摂取の有酸素性持久力(aerobic endurance)に及ぼす影響は5件のレビューで検討されていて、大多数がエルゴジェリック効果を報告していた(effect size:0.22~0.61)。筋力に対する影響は4件で検討され3件でエルゴジェニック効果を報告していた(同:0.16~0.20)。筋持久力に関しては2件のレビューの双方がエルゴジェニック効果を報告していた(同:0.28~0.38)。一方、無酸素性パワー(anaerobic power)は3件で検討されていたが、エルゴジェニック効果は認められなかった。

その他の報告を含めた総括により、カフェインの筋持久力、筋力、有酸素性および無酸素性持久力に対するエルゴジェニック効果は、中等度から高品質の系統的レビューによって裏付けられた。またカフェインの効果は、無酸素運動に比し有酸素運動性の方が大きなeffect sizeを示す傾向がみられた。

著者らは、「これらの知見の一般化にはさらなる一次研究が必要」と述べ、特に女性や中高年での検討が不足していることを指摘している。

原題のタイトルは「Wake up and smell the coffee: caffeine supplementation and exercise performance-an umbrella review of 21 published meta-analyses」。〔Br J Sports Med. 2019 Mar 29.〕

関連情報

BMJ Journals

エルゴジェニックエイドとは

岐阜スポーツ総合情報システム

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

公認スポーツ栄養士を探す
公認スポーツ栄養士を探す

公認スポーツ栄養士、管理栄養士、栄養士をお探しの方、ご検討中の方、ご相談等は下記リンク先よりお問い合わせください

アンチドーピング情報
アンチドーピング情報
  • Chapter1
    サプリメントの活用
  • Chapter2
    アンチドーピング活動について
  • Chapter3
    ガイドラインについて
  • Chapter4
    認証商品リスト
セミナー・イベント情報
このページのトップへ