スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

サイクリングのタイムトライアルに対する炭水化物摂取の影響

サイクリングのタイムトライアルに対する炭水化物摂取の影響

運動中の炭水化物摂取の影響を正常圧低酸素下で検討した結果が報告された。

対象は男性トライアスリート10名(年齢22.1±1.1歳、 VO2max59.4±1.4 mL / kg /分)。40kmのサイクリングタイムトライアル中の持久力と認知能力を、定期的な炭水化物摂取をする場合としない場合との二重盲検クロスオーバーテストで検討。

被験者は、1.正常酸素圧+プラセボ(吸入気酸素濃度20.9%)、2.低酸素+プラセボ(同 16.3%)、3.低酸素+CHO(同 16.3%+ 6%炭水化物溶液2mL / kg /15分)という3条件でタイムトライアルを実施。トライアルの間、生理的反応(動脈血酸素飽和度、心拍数、自覚的運動強度、血糖、乳酸塩)、認知能力、および脳血行動態を測定した。

検討の結果、低酸素状態はトライアルパフォーマンスを約3.5〜4%有意に低下させ、炭水化物摂取はそのパフォーマンスに影響を及ぼさなかった。一方、認知能力に関しては炭水化物摂取により運動誘発性認知反応速度の低下がわずかに抑制されたが、反応の精度には影響を及ぼさなかった。また、炭水化物の摂取は低酸素運動により低下した前頭前野血流量や組織酸素飽和度に影響しなかった。

著者らは結論として、「本研究は炭水化物摂取が認知課題の反応速度を維持するのには効果的であるが、低酸素運動中のトライアルパフォーマンスの向上には効果がみられない」とまとめている。

原題のタイトルは「Effects of periodic carbohydrate ingestion on endurance and cognitive performances during a 40-km cycling time-trial under normobaric hypoxia in well-trained triathletes」。〔J Sports Sci. 2019 Mar 21:1-11.〕

関連情報

PubMed

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト

“いなり寿司“は元気の味方! 手軽にエネルギーチャージできるいなり寿司をスポーツ栄養に活用!

SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ