スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

「女性アスリートダイアリー2021」が遂に正式リリース セルフマネジメントに必携

女性アスリートのコンディション管理に役立つ「女性アスリートダイアリー(Female Athlete Diary)2021」が発行された。中高生の部活動から、日本代表レベルのアスリートでの活用も想定した内容。

「女性アスリートダイアリー2021」が遂に正式リリース セルフマネジメントに必携

表紙イメージ(左)とダイアリーのキャラクター"キラリ"ちゃん。A5判、96ページ(カラー)、本体価格880円(税込)。大修館書店、12月10日発売

順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科女性スポーツ研究センターが作成し、過去10年にわたり一部に向け配布していたものが、このたび大修館書店から発売され、より多くの女性アスリートが入手可能となった。

なぜこのような女性アスリート向けのダイアリーが必要なのか、何を記録し、それをどのように活用するのかを、本書の内容とともに以下に解説する。

自身の身体を知る、セルフマネジメントの必要性

毎日記録する

アスリートの身体は日々のトレーニングと、食事や睡眠・休養などでのリカバリーを繰り返すことで進化していく。その過程でアスリート自身が感じる"シグナル"を記録し、自身の身体を知ることは、セルフマネジメントに欠かせない。

練習内容や食生活に加え、とくに女性のパフォーマンスに影響を無視できない月経周期など、さまざまな情報を毎日記録していくことで、心身のコンディションの良し悪しを客観的にみることができる。それによって、例えばコンディション不調に陥ったときに、ダイアリーを見返すことで原因を推測できたり、怪我や病気の早期発見につながることが期待できる。

「女性アスリートダイアリー2021」カレンダーページ(左)とコンディション記録ページ(右)。どちらも1カ月単位を見開きに記録できる
カレンダーページ(左)とコンディション記録ページ(右)。どちらも1カ月単位を見開きに記録できる

正しい基礎知識を得る

女性アスリートは月経周期による体調の変化を把握し、コンディションや食事を管理する必要がある。しかし国内のスポーツの現場では、この点についてまだ十分に正しい知識が浸透していないのが現状。

そこで、女性アスリートがベストなコンディションで大会に臨めるよう、大会日程にあわせた月経コントロールや不調改善に役立てることを目指し、女性アスリートが知っておくべき情報を、婦人科医、公認スポーツ栄養士/管理栄養士などの専門家監修のもと、巻末に掲載している。これにより、コンディションを記録しながら、女性アスリートに必要な基礎知識を知ることができる。

「女性アスリートダイアリー2021」巻末の解説ページの一部
巻末の解説ページの一部

本書の特徴と、活用することのメリット

1.自身のコンディションを見開きで振り返られる

コンディション記録ページに記録する項目は、これまでの調査研究から必要と考えられる項目を厳選したもの。体格の情報、基礎体温、睡眠時間、栄養摂取状況、月経に関する状態の記入欄をはじめ、練習への意欲や達成度、1日の疲労感といったアスリートに欠かせない情報を記録できる。それらの情報を、1カ月ごとに見開きページでひと目でわかるようになっている。

2.「書く」ことで「考える」

さまざまな領域で、多くの情報をデジタルで簡単に記録できるソフトが用いられるようになり、手帳に記録するという習慣は少なくなった。しかし、手で書くときに、ふだんと異なる変化があれば、その理由が気になり必ず原因を探そうとするものだ。デジタルでは往々にしてこの工程がないがしろにされてしまう。自分の言葉で、活字で記録することが"気づき"や"自主性"を生むことにつながる。

3.気軽に共有できる

記入した内容を指導者やサポートスタッフ、保護者などが共有することで、的確なアドバイスやサポートを受けたり、したりする際に役立つ。万が一、怪我や体調不良が起きたときには、この記録をもとに医師や公認スポーツ栄養士/管理栄養士、トレーナーに相談することで、診断の助けとなり的確な治療、早期回復につながる可能性もある。

4.女性アスリートに必要な基礎知識が学べる

掲載されているすべての内容は"女性アスリート目線"で選び、研究に基づきまとめられた情報。毎年、必ず専門家が監修している。さらに、海外のスポーツ界では常識の除脂肪体重(LBM)でのコンディション管理など、最新の情報をアップデートしている。

本誌が発行に至った経緯

2011年に文部科学省(現:文部科学省/スポーツ庁)が「女性アスリートの戦略的サポート事業」を委託事業として初めて実施した際に、順天堂大学がこれを受託。女性アスリートに関する多くの調査が実施され、その結果、自分のコンディションを把握している女性アスリートは少なく、さらに女性アスリートを指導するコーチやサポートスタッフにも正しい知識が不足していることが明らかになった。

一方で女性アスリートは記録すること(書くこと)を好み、過去の記録を読み返す習慣があることがわかった。そこで、女性アスリートが記述式(日記スタイル)でコンディション管理ができるツールとして、「女性アスリートダイアリー」が2012年に創刊され、以来、毎年、同大学女性スポーツ研究センターが印刷製本してきた。

「女性アスリートダイアリー」の存在はこれまで口コミで広がり、部活動に励む中高生から日本代表レベルのアスリートまで、さまざまな女性アスリートに活用されてきた。

そして本年、より多くの女性アスリートに届けるため、大修館書店より発売されるに至った。

関連情報

女性アスリートのコンディション管理をサポートするダイアリー「女性アスリートダイアリー(Female Athlete Diary)」を発売!(順天堂大学)
「女性アスリートダイアリー(Female Athlete Diary)」(大修館書店)
女子アスリートの成長・コンディション管理アプリ「スラリマッスル」をリリース 順天堂大学

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2021前期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

セミナー・イベント情報
このページのトップへ