スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJ志保子塾2022 ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

東大病院の女性診療科・産科が「生理」と「スポーツ」に特化したオンライン教材を制作

東京大学医学部附属病院の女性診療科・産科はこのほど、一般社団法人スポーツを止めるなの「1252プロジェクト」と連携して、Instagram 上で手軽に学べる“スポーツ×生理”に特化した次世代型オンライン教材「1252 Playbook」を制作したと発表した。

東大病院の女性診療科・産科が「生理」と「スポーツ」に特化したオンライン教材を制作

概要:女子学生アスリートには月経対策を学ぶ機会が必要

「1252プロジェクト」とは、女子学生アスリートが抱える「生理×スポーツ」の課題に対し、トップアスリートの経験や医療・教育分野の専門的・科学的知見をもって向き合う教育/情報発信プロジェクト。「1252」という数字は、女性は1年(52週間)のうち約12週間を月経とともに過ごすことを意味する。

東大病院女性診療科・産科は、女性アスリート特有の健康問題に対し、障害予防やコンディショニングの点から診療を行うため、女性アスリート外来の設置やコンディショニングガイドの発表、トップアスリートのモニター調査などに取り組んでいる。また、学生アスリートを支援するスポーツを止めるなの趣旨に賛同し、“スポーツ×生理”に関する問題について共有・発信をしていく「1252プロジェクト」を中心に連携している。その活動の中で、女子学生アスリートには月経に関する具体的な相談先や正しい知識を得られる手段がないという課題が浮き彫りになった。

これを背景として、東大病院が持つ専門的な知見を女子学生アスリートにとってわかりやすい表現にし、Instagram上で正しい知識を手軽に学べる教材を作成。女子学生アスリートとその指導者、保護者の活用を見込み、女子学生がさらにスポーツを楽しめる環境作りを目指すという。

この活動のポイント

  • 運動部に所属する女子学生は、月経の悩みに関する具体的な相談先、正しい知識を得る手段がないという課題がある。
  • 東大病院が持つ専門的な知見を女子学生向けにわかりやすく表現した、Instagram上で学べる“スポーツ×生理”に特化した次世代型オンライン教材を制作した。
  • 教材を通じて身体と正しい情報へのアクセシビリティを高め、女子学生がもっとスポーツを楽しめる環境づくりを目指す。

背景:東大病院のこれまでの取り組みを生かし、10代女子アスリートに情報発信

アスリートにとって、競技シーズンや試合のタイミングにあわせて1年間の中でのコンディション・マネジメントが重要。52週(1年間)のうち、約12週は訪れる月経とそれに伴う体調の変化は、多くの女性アスリートにとって避けては通れない問題。

東大病院女性診療科・産科は、女性アスリート特有の健康問題に対し、女性アスリート外来を設置するなど、さまざまな取り組みを行ってきた。また、学生アスリートを支援するスポーツを止めるなの趣旨に賛同し、「1252 プロジェクト」を中心に連携している。「1252プロジェクト」は、月経周期や身体への影響が一人一人違うからこそ「個人で解決する問題」としてあまり語られてこなかったこの問題について、元競泳日本代表である伊藤華英氏(スポーツを止めるな理事)を中心に専門的・科学的知見をもって向き合い、情報を共有・発信をしていくプロジェクト。

同プロジェクトとの連携活動の一環で、スポーツと生理に特化した次世代型のオンライン教材「1252Playbook」を共同制作した。運動部に所属する女子学生には月経に関する具体的な相談先や正しい知識を得られる手段がないという課題が浮き彫りになったことに対し、東大病院が持つ専門知識を10代の学生にもわかりやすい表現にし、Instagram上で手軽に学ぶことができる仕様とした。

内容:Instagram上に1投稿1テーマ、全22テーマを定期的に投稿

1252Playbookは、
(1)女子学生に馴染みがあるInstagramを活用し、
(2)楽しく正しいスポーツ×生理の情報を学べる、
(3)短いモジュール型の教育コンテンツ。

スポーツを止めるなが運用する1252プロジェクトの公式Instagramアカウント(アカウント名:1252project)より、「1252Playbook」を随時発信する。

例えば、「その体調不良やメンタル不調は生理のせいかも?」「月経とアスリートのコンディションの関係性」「正しいピルの知識」など、女子学生アスリートが競技生活を続けていくうえで、月経と正しく向き合うための情報をテーマごとに分け、東大病院が持つ月経とスポーツコンディショニングに関する専門的な知見をわかりやすく学ぶことができる。女子学生が毎日目にすることの多いSNSを接点とし、1投稿1テーマ、全22テーマを定期的に投稿。

コンテンツのイメージ
東大病院の女性診療科・産科が「生理」と「スポーツ」に特化したオンライン教材を制作

東大病院女性診療科・産科では、「手軽に知りたいことを知ることができる双方向型の新しい教材として、すべてのスポーツを楽しむ女子学生だけでなく、その指導者や保護者の方々にも活用していただきたい。すべての女子学生アスリートが、正しい知識やサポートを得られ、自分のポテンシャルを最大限発揮できる競技生活を送るための環境づくりを目指していく」としている。

教材へのアクセスはこちらから

Instagram「1252project」
Instagram アカウント名:1252project

関連情報

【プレスリリース】“スポーツ×生理”に特化した次世代型オンライン教材「1252 Playbook」を制作(東大病院)
【プレスリリース本文】“スポーツ×生理”に特化した次世代型オンライン教材「1252 Playbook」を制作(東京大学)
1252プロジェクト

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2022後期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
スポーツ栄養・栄養サポート関連書籍のデータベース
おすすめ記事
セミナー・イベント情報
このページのトップへ