スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

糖尿病でもエネルギー不足に注意! 高齢者では筋肉減少のリスク 日本人での検討結果

日本人2型糖尿病患者を対象に、摂取エネルギー量と筋肉量の変化について検討した結果、高齢患者では摂取エネルギー量が少ないと筋肉量が減少してしまうことが明らかになった。京都府立医科大学の研究グループの研究によるもので、「Clinical Nutrition」に論文掲載されるとともに、同大学のサイトにニュースリリースが掲載された。

糖尿病でもエネルギー不足に注意! 高齢者では筋肉減少のリスク 日本人での検討結果

研究の背景:高齢者はタンパク質より、まずエネルギーを確保すべき?

国内では高齢2型糖尿病患者数が増加している。

加齢に伴う筋量および筋力低下で定義されるサルコペニアは、生命予後の低下に加えてADL(日常生活動作)低下のリスクであることが知られており、高齢2型糖尿病患者は健常者に比較しサルコペニアの有病率が高く、サルコペニアの予防・改善が喫緊の課題となっている。

骨格筋量は成人、とくに高齢者では年間0.5~2%低下する。骨格筋量の維持には運動やタンパク質摂取が重要であることはよく知られているが、摂取エネルギー量の確保も重要であることが報告されている。同研究グループでも既に、サルコペニア合併高齢2型糖尿病患者はサルコペニアでない患者に比較し、摂取エネルギー量が少ないことを横断研究で明らかにしている。

しかし、これまでのところ、2型糖尿病患者の摂取エネルギー量が骨格筋量の変化に与える影響については、縦断研究が少なく明らかとなっていない。このような背景のもと研究グループでは、同大学内分泌・代謝内科が実施しているコホート研究「KAMOGAWA-DMコホート」のデータを用いた前向き研究を実施した。

SMIの低下と、摂取エネルギー量の関連を検討

研究の対象は、非高齢2型糖尿病患者93名と、高齢2型糖尿病患者197名。簡易型自記式食事歴法質問票を用いて習慣的な摂取エネルギー量、タンパク質摂取量などを把握するとともに、生体電気インピーダンス分析法の体成分分析装置を用いて骨格筋量のデータを収集した。

筋肉量を骨格筋量指数(Skeletal Muscle mass Index;SMI.四肢の筋肉量の合計を身長の二乗で除した値)で評価し、追跡期間中のSMIの変化量を1年あたりに換算。1年間でSMIが0.5%以上低下した場合を「筋肉量の減少」と定義した。

その結果、非高齢患者では16.3±6.4カ月の追跡で、54.8%(n=51/93)に筋肉量の減少が認められた。高齢患者では18.1±7.1カ月の追跡で58.9%(n=116/197)が、筋肉量が減少した。非高齢/高齢にかかわらず、筋肉量が減少した群では、減少しなかった群に比較して摂取エネルギー量が少ないという結果だった。

高齢患者では、タンパク質摂取量で調整後も、エネルギー摂取量と有意な関連

さらに高齢患者群では、ロジスティック回帰分析により、筋肉量の減少に関与する可能性のある因子(年齢、性別、インスリン・SGLT2阻害薬・GLP-1受容体作動薬・ステロイドの使用、喫煙・運動・飲酒習慣、BMI、SMI、腎不全の存在、およびタンパク質摂取量)を調整した後も、摂取エネルギー量と筋肉量の減少に有意な関連が示された。具体的には、理想体重あたりのエネルギー摂取量が1kcal多いごとの調整オッズ比が0.94(95%CI;0.88~0.996)となった(p=0.037)。

一方、非高齢者群では、摂取エネルギー量と筋肉量の減少との関連は有意でなかった(aOR0.96〈95%CI;0.86~1.06〉、p=0.423)。

以上の結果は、「筋肉量の減少」を年率-0.5%でなく、-1.2%や-2%で定義した場合も、同様に認められた。

図1 摂取エネルギー量と筋肉量低下

摂取エネルギー量と筋肉量低下

(出典:京都府医科大学)

今後の展開と社会へのアピールポイント

本研究により、高齢2型糖尿病患者では摂取エネルギー量が少ないと筋量低下を来すことが明らかになった。

著者らは、「糖尿病患者においては、適切なエネルギーを摂取することが重要ではあるが、近年増加している高齢2型糖尿病患者で課題となっているサルコペニアの予防の観点からは、この研究が、筋肉量維持のためにしっかりとエネルギーを摂取することを医療者が意識して治療を行い、患者も過度にエネルギーを制限しないようにするきっかけになれば良い」と述べている。

糖尿病でもエネルギー不足に注意! 高齢者では筋肉減少のリスク 日本人での検討結果

(出典:京都府医科大学)

関連情報

【論文掲載】摂取エネルギーの不足は筋肉減少につながる~日本人高齢2型糖尿病患者の摂取エネルギーと筋肉量に関する論文掲載について~(京都府立医科大学)

文献情報

原題のタイトルは、「Short energy intake is associated with muscle mass loss in older patients with type 2 diabetes: A prospective study of the KAMOGAWA-DM cohort」。〔Clin Nutr. 2021 Apr;40(4):1613-1620〕
原文はこちら(Elsevier)

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2021前期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化✕選手育成プロジェクト「中井彩子 フランス・ロードバイク日記」
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

おすすめ記事
セミナー・イベント情報
このページのトップへ