スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

運動誘発性アディポカイン 地中海食とファストフードでの検討

脂肪細胞からはさまざまな生理活性物質が分泌されており、それらは「アディポカイン(またはアディポサイトカイン)」と総称されている。代表的なアディポカインとして、糖の取り込み促進や、脂肪燃焼、インスリン感受性改善、抗動脈硬化、抗炎症などの作用をもつ「アディポネクチン」が挙げられ、これは"善玉"とされる。一方、インスリン感受性を低下させる「レジスチン」、血栓をできやすくする「PAI-1」などは"悪玉"と呼ばれる。

これらアディポカインは、食事や運動習慣への長期的な介入によりそのプロファイルが変化することは知られているが、単一回の食事・運動への介入の影響は明らかになっていない。しかし、高強度インターバルトレーニングが中等度の持続的運動より心血管アウトカムを改善するとの報告も近年散見される。一方で、伝統的な地中海食は心血管疾患を抑制し死亡リスクを低下することが知られている。

本論文の著者らは、地中海食またはそれと同エネルギー量のファストフード摂取3時間後に、トレッドミルで疲弊するまで運動強度を強めていく多段階漸増運動負荷試験を施行し、即時アディポカイン分泌への影響を検討した。対象は全身性疾患に罹患していない46名(女性26名、平均25歳、BMI23.6)で、これを無作為に2群に分け、地中海食またはファストフード摂取後に運動負荷試験を実施。7日のウオッシュアウト期間をおいて、クロスオーバーさせ再度、運動負荷試験を実施した。解析対象は試験脱落者を除く39名。

結果をみると、地中海食、ファストフードともに、アディポネクチンは摂食あるいは運動負荷による有意な変化がみられなかった。その一方で、PAI-1、レジスチン、リポカインは、摂食による変化はなかったものの、運動負荷により血中レベルが上昇した。ただしこれらについては、地中海食とファストフードとでの群間差はなかった。

それに対し、アディプシンは摂食により有意に低下し、運動負荷により上昇するという変化を示した。さらに運動負荷後のアディプシンの上昇幅は、地中海食においてファストフードより有意に大きかった(p=0.043)。

結果として、単一回の食事・運動への介入がアディポカインの動態に関与し、アディプシンに関しては食事の栄養組成がそれに影響する可能性が示された。なお、アディプシンは免疫や炎症に関与するアディポカインとして知られている。

原題のタイトルは「What is the effect of a Mediterranean compared with a Fast Food meal on the exercise induced adipokine changes? A randomized cross-over clinical trial」。〔PLoS One. 2019 Apr 18;14(4):e0215475〕

関連情報

PLoS One

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト

“おいなりさん(いなり寿司)“はいつも元気の味方! 手軽にエネルギーチャージできるいなり寿司をスポーツ栄養に活用する「元気”いなり”プロジェクト」(全7回)がスタートしました

SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

セミナー・イベント情報
このページのトップへ