スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

スポーツ用栄養サポート食品のGI値に着目 パフォーマンスの回復に差異

摂取後の血糖上昇速度を表すグリセミックインデックス(GI)が低い炭水化物食品は、エネルギーを持続的に供給できることから持久系スポーツに適していると考えられる。またインスリン分泌を過度に刺激しないために、脂肪分解への影響が少なく筋グリコーゲンを節約するように働く可能性もある。

スポーツ用栄養補助食品のGI値に着目 パフォーマンスの回復に差異

本研究では、一般的なスポーツ栄養バーと、レンズ豆を用いた低GIの栄養バー、およびプラセボにより、サイクリング中の代謝とパフォーマンスがどのように変化するかを検討。対象は男性8名、女性3名(年齢26±6歳、身長178 ± 3 cm、体重72.9 ± 4.0 kg、 VO2peak 51.4 ± 1.6 mL/kg/分)。

栄養バーまたはプラセボを摂取し1時間後に、65%VO2peakで75分間のサイクリングに引き続き7kmのタイムトライアルを実施した。これはオリンピック競技のトライアスロンにおいてサイクリストが通常カバーする距離をシミュレートして設定したもの。また、回復状況を評価するため、この試験の24時間後に再度7kmのタイムトライアルを施行した。

通常の栄養バーと低GI栄養バー、およびプラセボで、それぞれ炭水化物1.5g/kgに相当する量を摂取させた。そのエネルギー量(kcal)は同順に、830、756、910。GI値は、47、56、58。3種の摂食条件の試験は最低1週間の間隔をあけて実施され、さらに女性では月経周期を考慮し1カ月間隔で施行した。また被験者および研究者は、試験前に何を摂取したかについて盲検化されていた。

結果をみると、1回目のタイムトライアルは栄養バー(通常タイプと低GI)を摂取時、プラセボ摂取時に比して有意に短縮され、良好な成績が記録された。ただし、栄養バーの違いによる群間差は有意でなかった。それぞれの成績は、通常栄養バー摂取時が583±59秒、低GI栄養バーが574±55秒、プラセボ619±81秒。

一方、回復状況を評価する翌日のタイムトライアルでは、低GI栄養バーを摂取していた時、通常栄養バーまたはプラセボに比して有意に良好な成績が記録された。それぞれの成績は、低GI栄養バー547±42秒、通常栄養バー569±42秒、プラセボ566±42秒。

また、通常栄養バー摂取時の乳酸値は他の2群に比して有意に高かった。血糖値についてはプラセボ摂取群が他の2群に比し有意に低かった。

原題のタイトルは「The Glycemic Index of Sport Nutrition Bars Affects Performance and Metabolism During Cycling and Next-Day Recovery」。〔J Hum Kinet. 2019 Mar 27;66:69-79〕

関連情報

Journal of Human Kinetics

グリセミックインデックス(GI)とは

GIについて学ぼう(大塚製薬)

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

スポーツ栄養”見える”化プロジェクト
スポーツ栄養”見える”化プロジェクト「パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする」
  • 自転車競技
    中井彩子 選手 ✕ SNDJ

アスリートをサポートする公認スポーツ栄養士の仕事とは? このコーナーでは勝負の現場で働いているSNDJメンバーからのリポートをご紹介。スポーツ栄養の”チカラ”を”見える化”し、その世界を紐解きます

公認スポーツ栄養士を探す
公認スポーツ栄養士を探す

公認スポーツ栄養士、管理栄養士、栄養士をお探しの方、ご検討中の方、ご相談等は下記リンク先よりお問い合わせください

アンチドーピング情報
アンチドーピング情報
  • Chapter1
    サプリメントの活用
  • Chapter2
    アンチドーピング活動について
  • Chapter3
    ガイドラインについて
  • Chapter4
    認証商品リスト
セミナー・イベント情報
このページのトップへ