スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJ志保子塾2024 ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト
ニュース・トピックス

ギリシャの女性アスリートの摂食障害有病率は非競技者と同レベル

ギリシャの女性アスリートの摂食障害有病率は非競技者と同レベル

チームスポーツに参加する女性アスリートの摂取障害有病率は、非アスリートと同レベルであるとするギリシャからの研究が報告された。

この研究の対象は、バスケットボール選手53名、バレーボール選手42名、水球選手46名、および非アスリート46名、計175人の女性(23.10±5.4歳、BMI 21.85±2.3)。摂食障害調査票(EDE-Q)および身体活動調査票を用いた検討から、アスリートと非アスリートの間でEDE-Qスコアに差はみられなかった。なお、摂食障害のグローバルスコアが 2.3以上を拒食症とした場合、総数の6.2%がこれに該当した。

競技種目別にみると、水球選手においてバレーボール選手やバスケットボール選手と比較し、過食症のエピソードなど「食べることの懸念(eating concern)」のサブスケールが有意に高いスコアを示した。

これまでアスリートは非アスリートに比し摂食障害のリスクが高く、特に女性においてその傾向が強いと言われてきたが、今回の研究の結果は否定的と言える。

原題のタイトルは「Prevalence of disordered eating in elite female athletes in team sports in Greece」。 〔Eur J Sport Sci. 2019 Mar 17:1-9.〕

関連情報

PubMed

この記事のURLとタイトルをコピーする
志保子塾2024前期「ビジネスパーソンのためのスポーツ栄養セミナー」

関連記事

スポーツ栄養Web編集部
facebook
Twitter
LINE
ニュース・トピックス
SNDJクラブ会員登録
SNDJクラブ会員登録

スポーツ栄養の情報を得たい方、関心のある方はどなたでも無料でご登録いただけます。下記よりご登録ください!

SNDJメンバー登録
SNDJメンバー登録

公認スポーツ栄養士・管理栄養士・栄養士向けのスキルアップセミナーや交流会の開催、専門情報の共有、お仕事相談などを行います。下記よりご登録ください!

元気”いなり”プロジェクト
元気”いなり”プロジェクト
おすすめ記事
スポーツ栄養・栄養サポート関連書籍のデータベース
セミナー・イベント情報
このページのトップへ