スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

リポビタンショット for Sportsを体験しよう!
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト

中井彩子 フランス・ロードバイク日記

Ayakoの日記 Season2019

Vol.4 優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

2019年4月29日〜5月6日

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦 初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

4月29日(月) オフ

今週水曜日のフランス選手権にむけて、先週末はチームトレーニングだった。
会場であるスペインの国境近くの町まで、800km車で移動。
今日はひとまず500km先の中間地点で一泊する。

一日レースの準備やケアで終わった。
夕方チームメイトと合流して、移動中にみんなで夕食をとる。
今日は活動量が少ないため、野菜中心で軽く済ませる。

夜10時にホテルに到着。
5時間の車移動で固まった筋肉をほぐす。
部屋は、チームのリーダーと初めて一緒になった。
少しドキドキしながら、11時過ぎに寝た。

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

4月30日(火) コース試走・1時間

フランスの朝食とは、朝「ごはん」ではなく、朝「おやつ」みたいなイメージ。
紅茶やコーヒーを飲みながら、バゲットや、クッキーをおやつのように、少しずつ、つまむだけ。
当然ながらここ、フランスのホテルには、ご飯やお味噌汁、お肉や野菜もない。
私は、パンで炭水化物、ヨーグルトでたんぱく質、ビタミンはフルーツサラダとオレンジジュースを朝「おやつ」にした。
チームのリーダーから、「日本人の内臓は革命が起きているのね!」。

現地について1時間ほどトレーニングに出る。
長時間の移動のために、体の動きが悪い。
800km南下しただけに、まだ長袖のトロワより、かなり暑くて半袖でも汗が止まらない。

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

今日の宿はコテージ。夕食はみんなで作った。
鶏肉のホワイトソースパスタと、トマトのサラダ。
しっかり水分をとって就寝。

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦 初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

5月1日(水) フランス選手権 チームタイムトライアル30km

10時スタートのため、朝食は6時半と少し早い。
「バゲットか、それともクッキーか」と構えたが、クーラーボックスから出てきたのは、ずっしりしたパンケーキ。
レース用の朝食として「ガトー(フランス語でケーキという意味)スポーツ」という商品が、サプリメント会社から出ているようだ。

今回のレースは30kmを6人で協力して走り、ゴールタイムを競うというもの。
大体45分ほどの競技時間。veloxは一時間前にとるのがちょうどいい。

全員でいざスタート。
自分の走り・仲間の気遣い・コース状況を常に考える。
ラスト1km看板を過ぎ、ゴールまでは10%以上の坂。体中の力を最後まで絞り切る様にペダルを踏んだ。

結果はまあまあだったらしい。
車でフルーツやケーキを食べながら、800kmの帰路に就いた。

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

5月2日(木) 室内練習1時間

トロワは10度と一気に冷え込んだ。
昨日のレースと移動の疲れが結構大きい。
雨なので、室内で1時間メニューを行った。
夕食は、スープを飲んで、体を温めた。

5月3日(金) オフ

レースの二日前は、オフにしている。
朝ごはんは、この前購入した「スーパーファッシール(超簡単)!」という料理本のメニュー。
購入当時は題名の意味を理解していなかったため、今見ると少し恥ずかしい。
焼いて塩コショウするだけだが、盛り付け方にポイントがある気がした。
フランスの野菜は味が濃いから、塩コショウでも十分おいしい。

ケア、レースの準備、フランス語の勉強をする。
最低気温は0度。最高気温は7度。
北海道とほぼ同じ緯度にしても、寒すぎる。
日曜日の天気は、より寒く、風も強く、豪雨。
夜になると咳が出始めた。

5月4日(土) 1時間半 レース前日 刺激入れ2本スプリント

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦 初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

風邪気味。
雨が降らない午前中にさっと走りに出る。
レースを想像して、ドキドキしながら2本10秒ほどダッシュをする。

風邪の症状は、のどの痛みと鼻水に変わる。
志保子先生から、「よく寝て、成長ホルモンを分泌させて治すのが最も早い」とコメントを頂く。
21時にはベッドに入った。

5月5日(日)  チャレンジ・イル・ド・フランス 第5戦 1.1km×60=66km

会場のパリまで2時間。
15時半スタートなので、午前中はのんびり。
車移動中、私の膝の上に毛虫がいるのを発見。
みんなに爆笑される。
いい感じにリラックスができる。

会場は暴風雨。あられも降ってきて、めちゃくちゃな天気。
不安を通り越して「こんなレースなかなか経験できないな」と、むしろ楽しくなってきた。

真冬の装備でスタート。
マークしている選手とうまく飛び出すことに成功。
3人で協力し、15周目に集団を周回遅れにした。
チームメイトにも協力してもらいながら、危険な攻撃をチェック。

最後の5周、逃げた3人の勝負。
お互いにらみ合いながら、ゴールに近づいていく。
最後の1周は先頭で最後まで走ると決めていた。

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

風下を走りながら、後ろを確認する。
徐々にペースを上げていき、最終コーナーから全力でペダルを踏み、先頭のままゴールした。気づいたらすっかり晴れて青空だった。

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦 初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

ゴール後、チームメイトが駆け寄ってきて何度もおめでとうと言ってくれた。
とても嬉しかった。

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

5月6日(月) 4時間 アップダウンコース

朝ごはんは趣向を変えて、パン屋に行った。
気持ちは次のレースに向いている。
昨日レース中につかんだコツを思い出しながら、トレーニング。
おやつに食べたメロンは2ユーロ(約120円)。とても安くてびっくり。
お隣スペインから、オレンジなど、おいしいフルーツが入ってくる。

初優勝!! チャレンジ・イル・ド・フランス第5戦

VELOX®とは

VELOX®(ヴェロックス)は、アミノ酸のリーディングカンパニーである協和発酵バイオが開発した、特許と科学的エビデンスに基づくプレワークアウト型アミノ酸配合です。スポーツサプリメント先進国である米国でも高く評価され、全米No.1スポーツサプリメーカー※1にも採用されています。

VELOX “めぐり”を補助するアミノ酸「シトルリン」と“活力”を補助するアミノ酸「アルギニン」を独自配合

“めぐり”を補助するアミノ酸「シトルリン」と、“活力”を補助するアミノ酸「アルギニン」の独自配合により、日米で同時特許を取得※2。同アミノ酸を配合したスポーツサプリメント「VELOX®チャージ」は、1包にアミノ酸 4,000 mg (VELOX 3,000 mg、BCAA 1,000 mg)を配合しています。トレーニングにより持久系の向上、トップパフォーマンス維持を目指したい方にお勧めの製品です。また、アンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」を取得しておりますので、安心してお使いいただけます。

※1:ユーロモニター調べ. 2017
※2:特許第 5813919 号、US8609735

VELOX “めぐり”を補助するアミノ酸「シトルリン」と“活力”を補助するアミノ酸「アルギニン」を独自配合

VELOX®の詳細はこちら

VELOX®チャージの詳細・購入はこちら

中井彩子 × VELOX®

中井彩子

これまで、サプリメントはプロテインしか使用したことがなく、運動後の使用のみでした。

今回いただいた「VELOX®チャージ」は、運動中や運動前に摂取して、競技中のパフォーマンスをサポートするもの。

中井彩子 × VELOX
中井彩子

使ってみると、トレーニングやレースの終盤まで頑張れる感覚がありました。運動前に手軽に補給することができるので、今は私の心強い味方です!

走る前に1個、4時間以上走る時は途中で1個追加しています。口で簡単に開けられる包装で、レース中でもスムーズな補給が可能です。

中井彩子 × VELOX
中井彩子

またトレーニング前・中だけでなく、レース当日の朝食時にも活躍します。緊張で消化・吸収が悪くなる可能性があるため、あらかじめ補給しておくと安心です。

「VELOX®チャージ」は顆粒状です。口に含んで水で流すと、スッと溶けて、粉っぽさは残りません。味はスッキリ。薬っぽくなくて、私は好きです。

中井彩子 × VELOX

スポーツ栄養”見える化” 選手育成プロジェクト

パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする

このページのトップへ