スポーツ栄養WEB 栄養で元気になる!

SNDJクラブ会員募集中! 詳細はこちら
一般社団法人日本スポーツ栄養協会 SNDJ公式情報サイト

中井彩子 フランス・ロードバイク日記

Ayakoの日記 Season2019

Vol.2 やられっぱなし! チャレンジ・イル・ド・フランス第1戦

2019年3月11日〜17日

3月11日(月)

第2話 チャレンジ・イル・ド・フランス第1戦1

レースの次の日だから、体がバキバキ言っている。
今日は近所のチームメイトと、仕事終わりに一緒1時間半ほど。
夜7時でも明るくて安全に走れる。
近所のコースも教えてもらった。
さらに夕食まで頂いた。

3月12日(火)

午前中はロード2時間半、昨日のコースを思い出しながら走る。
アルパカがいた。
午後は室内でメニュー。

スーパーで、お米を見つけたので、試しに炊いてみた。
タイ米みたいでパラパラしているけど、十分うれしい。

3月13日(水)

毎週水曜日は、町の「走行会」だ。
町役場が集合場所らしく、行ってみる。

しかし平日なのに、駐車場に集まった人は40人を超えている。
今日は学校や仕事は午前中で終わりなんだそうだ。
あとは、自転車が大好きな、おじいちゃん、おばあちゃんも集まっている。

第2話 チャレンジ・イル・ド・フランス第1戦2

出発時間になったようで、ぞろぞろ道路に出ていく。
すると思いっきり1車線使って集団で走り出した。

さすがに怒られるのでは?不安がっていると、
「いけー!!レースだ!」と興奮気味に抜かしていく車。
狭い道路で対向車、すると路肩に寄せて道を譲ってくれた。
運転席には、ニコニコ手を振るご婦人。さすが自転車大国。

お兄ちゃん達のアタック合戦によって、ペースは上がったが、何とかついていけた。
ここがどこかもわからないし、離れたら迷子だから、結構命がけで追い込めた。
知り合いもできて、いい一日だった。

3月14日(木)

1時間軽く走る。昨日の疲れが結構残っている。

3月15日(金)

朝食後、気づいたら昼前まで寝てしまった。思ったより疲れている。午後から室内でトレーニングをした。

夕食は町のチームメイトとお食事会。
「SUSHI」という看板のお店に入った。寿司だ!
店員さんは中国の方だったけれど。
しかも寿司もサーモンしかないけど、アジア料理店という感じ。
志保子先生から、いろんな魚食べるのは日本人くらいだと聞いた。
フランスは、タラとサーモンとニシンくらい。
でも久しぶりに魚を食べることができて幸せ。

第2話 チャレンジ・イル・ド・フランス第1戦3

3月16日(土)

レース前日、軽く2時間足を回して、レースの準備をした。
自身2回目のレース、フランス初戦。

3月17日(日)

女子のレースは大体15時からスタート。
だから早起きの必要は無い。普段通り朝食をとり、お弁当を作る。

レース3時間前。高速道路の駐車場でお昼にする。
主にパスタ、少しのハムとゆで卵と野菜を、ビネガーや塩コショウで味付けしたもの。
お決まりの「レース弁当」は、シンプルだけど、とってもおいしい。

第2話 チャレンジ・イル・ド・フランス第1戦

フランスのパリ周辺地域のレースに来た。快晴だけど、風が強くて寒い。

ウォームアップを済ませてスタートラインに立つ。
何やらざわついてると思ったら、地平線から、真っ黒い雲が近づいていた。
なんだか嫌な予感。5.4km×12周、スタート。

強い風と、テクニカルな下りで、集団は縦に伸びて、周回を重ねるごとに小さくなっていく。頭と体が寒さでキンキン痛い。
しかも、霰(あられ)がすごい勢いで降ってきた。
「アイテテテテテ!」
一人で叫びながら必死に走る。

レースは中盤に差し掛かり、8人の先頭集団に加わる。
そのうち4人は同じオレンジジャージの敵チームで、残り三人は違うチーム。
4人に交互に攻撃されて、やられっぱなしだ。

残り2周。そのまま1人逃がしてしまい、残りのメンバーで集団に吸収された。
ついでに雪まで降ってきた。下りで後ろから悲鳴が聞こえる。
最後まで、一人を逃がしているチームに、集団はコントロールされ、おまけにゴール勝負も負けて、見事に1、2、3着をとられてしまった。

ゴール後は、すごく震えて、体に力が入らなかった。
エネルギー入りのドリンクを飲ませてもらった。
レース中ドリンクが冷たくて呑み込めなかったから、脱水になってしまった。
寒いときのレース対策も、考えなければならない。
それにしても、雪はやりすぎだ。

VELOX®とは

VELOX®(ヴェロックス)は、アミノ酸のリーディングカンパニーである協和発酵バイオが開発した、特許と科学的エビデンスに基づくプレワークアウト型アミノ酸配合です。スポーツサプリメント先進国である米国でも高く評価され、全米No.1スポーツサプリメーカー※1にも採用されています。

VELOX “めぐり”を補助するアミノ酸「シトルリン」と“活力”を補助するアミノ酸「アルギニン」を独自配合

“めぐり”を補助するアミノ酸「シトルリン」と、“活力”を補助するアミノ酸「アルギニン」の独自配合により、日米で同時特許を取得※2。同アミノ酸を配合したスポーツサプリメント「VELOX®チャージ」は、1包にアミノ酸 4,000 mg (VELOX 3,000 mg、BCAA 1,000 mg)を配合しています。トレーニングにより持久系の向上、トップパフォーマンス維持を目指したい方にお勧めの製品です。また、アンチ・ドーピング認証プログラム「インフォームドチョイス」を取得しておりますので、安心してお使いいただけます。

※1:ユーロモニター調べ. 2017
※2:特許第 5813919 号、US8609735

VELOX “めぐり”を補助するアミノ酸「シトルリン」と“活力”を補助するアミノ酸「アルギニン」を独自配合

VELOX®の詳細はこちら

VELOX®チャージの詳細・購入はこちら

中井彩子 × VELOX®

中井彩子

これまで、サプリメントはプロテインしか使用したことがなく、運動後の使用のみでした。

今回いただいた「VELOX®チャージ」は、運動中や運動前に摂取して、競技中のパフォーマンスをサポートするもの。

中井彩子 × VELOX
中井彩子

使ってみると、トレーニングやレースの終盤まで頑張れる感覚がありました。運動前に手軽に補給することができるので、今は私の心強い味方です!

走る前に1個、4時間以上走る時は途中で1個追加しています。口で簡単に開けられる包装で、レース中でもスムーズな補給が可能です。

中井彩子 × VELOX
中井彩子

またトレーニング前・中だけでなく、レース当日の朝食時にも活躍します。緊張で消化・吸収が悪くなる可能性があるため、あらかじめ補給しておくと安心です。

「VELOX®チャージ」は顆粒状です。口に含んで水で流すと、スッと溶けて、粉っぽさは残りません。味はスッキリ。薬っぽくなくて、私は好きです。

中井彩子 × VELOX

スポーツ栄養”見える化” 選手育成プロジェクト

パフォーマンスを、栄養で、マネジメントする

このページのトップへ